FC2ブログ
やるやらできやら
マイペース進行のやる夫スレまとめブログ 最近月2ペースの更新です。
202011<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202101
AAで学ぶ悪意のある第二次世界大戦の人物紹介 エルヴィン・ロンメル編

435 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 22:55:25 ID:fKWiGkpQ0
               /    /     / /    ヽ \
             /      /      /   !  /    V  ヽ
.           /            / ///| //l    l   ヘ
              /         l    // /_/ il /  l   リ \ ヽ
          /     /    !   j/ / __≧ト、 |  // l  ト、\
           / l   /   / |.   |  ヽ  l:::ノヾ`|  //  l\ ヘ `
            /,. l  /   / |.   |      ̄¨`  |/≦V l!  \ヘ
        // リ /   / k !.   |          ij:うl |\ヽ ハ}
       /イ / /  / /、ー |    !           ヽ ム/ ! \ヽ
         / /  /イ `ーj    l 、___    ´/ l l!リ∧ l `
          / /l /  !   ∧  j      ‐- _  / .|  V
          // .j リ  リ.  / V. |          イ   |     エルヴィン・ロンメルだ
              l/ | / |  /   V ト、          / .l  |
           / l/ l /    Vl  >  __ ∧ l  | /     砂漠の狐ってほうが有名かもしれねぇな
                  l /     lリ     /     リヽ |V
            イ ̄ ̄¨ >.、     /       リ
          イ─ 、: : : : : : : >..、 /
       x<: : :`ヽ  \: : : : :: : : : :>、_
   __x<: : : : : : : : : :\  \: : : : : : : : : : : : \
  /: : : : : : : : : : : : : : : : \  \: : : : : : : : : : : : \

436 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:02:00 ID:fKWiGkpQ0
彼は普通の中産階級に生まれた、彼の家もほとんど軍に関係なく
 
貴族主義的なドイツ軍では有用な縁故もなかった

                    _l  li‐-l i /   /    _,>
               , <´ ̄ 八 ゞ、ムil ,/ _, イ _> 、
             ,.'     ―-ム、 ヽミ、`ヽ<_´_‐-ミ、_、ヽ、
              /    , イ彡三≧ニ=‐   ヽ、_ ̄、ー-ミ、 `ヽヽ、
            ./      ィ彡"´ ,  .l  .iハ    `ヽヽ 、 ヽ、  ヽ、
            ,    // .,. '´ ,ィ{  .l  ヽ     `ヽ .\  \
             ., ./// ./ ./ ハ.', .',  丶     ヽ \  ヽ
           / , '/ // /,′〃.ハ.',. ',   \  ヽ  \. \、\
          / ., ' / ./ / / .〃/,' /  l',ヽ '.,  \ \  ヽ   、
         イ / ./〃/ ,'./ / ,' ,' il/   |.ヽヽ ヽ .、\ \ ヽ 、 \
         .,'// ,'〃.,' ,'./〃 , ., .il' , .', . l  i、ヽ ヽ \ ヽ、\ \\ 丶
        .,'./! ,〃.,'i ,'/ .ハ i|! l .l l.l .l、.', li ヽ.\ ヽ ヽ` 、 ` ヽ、
      _,...i/ l il!   i .l i≧ i、l i!|.i.| .ト、 ', lili、丶 ヽ \. \ ``ー――
    ,ィ ', .i! | i!  ,.| l ハ. l.fシl、li、 li |'., ', l ヽ .iハ、 ` 、__\. ヘ. ',--.
.  /.::::',. V.:::: l i!.l .i .l !|l `li-‐_Ⅵ l ', l ヽ、.i! V .i \   ヽト,ミ `ヽ,ム::::
./...:::::::::.', V.::::Ⅶ! l li .!从   ',  Ⅴ.l=、l'-z‐'rェ―', .l、 ヽ  l!} \ \.::
:::::::::::::::::::::', V.::::Ⅷ ', .|l、'i! `       ヽl ヽ `ー―‐'', lヽ ヽ  .liヽ、 \_ ヽ
::::::::::::::::::::::.',  V.::::::.Ⅵliliハ    i _  ヽ `     ` Ⅵム、ハ ト.ハ`ーミ、
:::::::::::::::::::::::::',  .';:::::::liⅦli.ハヘ   ヽ ‐           ,.イ; ― ヽ li .l,iハ,...:'´:::
::::::::::::::::::::::::::.'.,  ';::::::}.l:ヽ:'.,'V:::.、―  、      , .イ:::/__ノハ |Ⅵ::::>x /
::::::::::::::::::::::::::::::',  ';:::::ヾ、:::::..ヾ、:.ヽ    ``_, <::::::::::::::::::>―‐l|‐!|:;>イ,.ィ
:::::::::::::::::::::::::::::::.\リ.::::::::.\ :::::..\ 〉zz≦::::::::::::::///´    i! .i! ̄`ー-、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヾ;::::::::::....ヽ_::::::::´:::::::::::::::::::/../
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ ::::::::::::::;.イ|:::::::::::::::::::イ/

437 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:04:00 ID:fKWiGkpQ0
子供の頃のロンメルは病気がちでおとなしかったという

姉ヘレーネによるとロンメルは色白で髪の色も薄かったので

家族から「白熊ちゃん」とあだ名されていたという


         _____
        ´ ̄.≧=--ミ≦ ̄ミ 、_
          /      ̄`  -ミ   \
        , '    /  i|   、丶 \ 丶
     / /  /   i|     \\ \∧
      {/  /i  /  リ   从 \`≧==}=-
      /  /i ! /{  /  / / }厶 、Ⅵヽ |
   .ノi イi.i ,」 !」厶ki イi/},ィ筏}Ⅵ}从ヽⅥ、
     、 、i从| iy芹ミ\{  ″Vリ从V}`V从{
     ∨\|爪 Vリ      ´ // {_人{ `
          |.!.ハ`   } .    /イi リ  `
          |.!、人    ___    从/
       八{\介; . _     イ/}″
             ,_j仏}Ⅵ¨´  |{────;;=、、  ←まだ可愛い白熊ちゃん時代のロンメル
           /_,x≦{〔____ ノ ,〕}≧x,__;{___}}
            '´ / ̄,≧===≦爪   「`'く:::::::i|
          /{ /  /       ∨ i/,ハ:::i|
          . ∨  ,′          |_ { ,  |:::i|
         {  {   {           {  ∨ 、{:::i|
       /}  |   |          ∨ |   Ⅵ
       〔_   |冖 |          };=J    }i|
        `'ト-ヘ宀{     \     {{__}} __..イ:i|
         }   }=}       \  `T}「   |::i|

438 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:09:09 ID:fKWiGkpQ0
父親が校長であったためギンナジウム(中高一貫校のようなもの)に入学する
 
しかし小学校がなかったため入学までは家庭教師から勉強を教わっていた
 
入学後は劣等生であり怠け者で注意散漫だったという。読書にも運動にも興味がない子供だった


  な バ   .|            / | i ./ l  il  ./ \   \  \           |   中
  ん バ   .!          从人/ { {/ .∧ .|| .∧.   \    ヽ   \从人爻父_ !   学
  だ ァ   |      爻介  ./   | j ./i/∨{/ ∧ /.  ∨ \!   八 j レ'  爻 .|   生
  よ      .|      爻ヘ   ′  ∨ / .| |,/ ′∨ /  !   |   .∧    ,爻.!    は
.  !!      ..|     爻父  | .ハ ∧∨ .| | ./!  l∨   |    .}   .}  .|    ゞ爻
         >     艾爻´   !/ ,/ ∨  { : ! ∧|  ! | \|   从 ./   | .::  ..  父
        /     爻入   |  |  ∨ |Ⅵ人∧. |.:!\ \ .人 } / |∧.| .::: .::. :::. _,爻\__
\___/     /爻_ -'⌒   |  i ∨.|< tテヘ | .i.:|  < tテ\ i/ /  人     ム爻_
             / _ムイ      .人 |  Ⅳミ三彡∨,ハ  ミ三彡∨./! / / ヽ.:: .:::. ィ爻\
           / ̄`ヽ爻_       ∧ハ( ∧    ∨ \     /∨ | /./      _,爻___ヽ
.           { ̄ ̄`ヽ\从.    / | 八 ∧\_ ヽ ノ__// .ハ .∧/     从爻 ̄ ̄`}
.          ∨    \}ノ! 从    爻:\ j\`ヾ二二二ノ/}.:/ |/ ´ .::: :: .::乂爻 _  .∧
            | ̄` ー─‐//}从  爻入 `!//`> __ ///;|/从    _爻天´ ̄    ./ }

439 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:11:46 ID:fKWiGkpQ0
10代になると突然活発になった。数学の成績が良くなり、スポーツにも関心を持つようになった

また飛行機の研究に夢中になり、14歳のころには親友と二人で実物大のグライダーを作成した

だが結局まともには飛ばなかった

しかし1906年にヨーロッパで初めて動力を備えた飛行機が飛行したばかりだということを考えると大したものだった

ロンメルは航空機関連のエンジニアになることを希望していたが

父親が反対し、ヴュルテンベルク王国軍に入隊することになった
 
 
              ____
              ( ⊂ニ二ニ⊃ )
              ` 二二二 ´
.         /´      `\
           / /i  } | } i l 、ヽ
        / V iハ l l∧/ ,} } !ヾi
          l ! { _|__ヽ/ _|_V_l / } ! |
         |ハ|ヽ|、:ノ \{、:ノV //!i|、{    空飛びたいんだよ
           }ハ}       /イ/il|リァ`
         xf}从>‐`-‐,fニ|从{ ゙そ   でも軍人になれって・・・・
         ゙>  v>ァ夲-‐ァ{   r'`
        `>´ヽ//l!  ,リヽ'^´
       ,. <´ {レ'´// l! 厂 |/ l `マ ー――- 、
     r' {  /  {' `l!'´  ハ.  :  `^\ r、     、
   くゝ、> ´   /  l!   |. |/|      ` \!\f、  ‐- 、
.           /゙\l!/\!. |  |             `ー‐\ `ヽ、
           /ヽ__.ハ    |. |   :                  ` ̄ ̄
          ヽ___/ーiヘ ̄ ヽL_,!
          |  | |`ー‐t'`t-i´
.            }  | |   | `´
          |   .! |   |
           l   | |   |
           |   | |   |
           |   | |   |
           |≧=.| |-=-ヘ、
           <´ ̄¨ノ 〉―-f′
              ̄´  {___.ノ

440 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:14:54 ID:fKWiGkpQ0
下士官として半年ほど勉強した後

プロイセン王国ダンツィヒの王立士官学校に進んだ

士官学校在学中に後に妻となるダンツィヒに語学の勉強に来ていたルーツィエ・マリア・モーリンと出会い
 
士官学校卒業後もルーツィエと手紙で連絡を取り合い、二人は1916年に結婚した
 
                  ⊂⊃
                   / ̄ ̄ミ 、
                /    :ト、 、 、〉
     __i⌒}         | |从ト、N=Ⅵ从'⌒¬っ
   (   /            |从{ =  ,ハ ,ハ,ノ┘ ^う
      ̄´        __/V个r云≦x,ハ_,ノ¨´
      )      〃⌒¬  / ,ハ :} }J
     (   -─- .{{__    ̄`⌒7¬イ
     /. : : : : : : : : : : `ヽ.     {/}/ ヽ ヽ
    -ヘ: : : : : : : :, : : : : : : : '.         } }
   {;.;.;.;.h: : :,>、_/: : /:ヘ: : : : }    , - 、, - 、
  ∧;.;.;.;ノ: / \{ : /:/- ∨:ハ'⌒} {  '′ :}
_/: {'⌒^7つ ̄`V|/___,|厶;.;.ノ   、   /
`7: :|'⌒^{  , ヘ._ \_ },、,__)    \_/
 |イ:∨   、 、__ ノ  ⊂ソ/:|  r─
  ∨ヘ  {≧=‐--:=≦イ: :ハ| _)
   、__;}  `7'^T´;/ }ハ/
     厂 f⌒Y^) }
   ,ノ   `¨7'´ |
  /           |

441 :名無しのやる夫だお:2012/10/25(木) 23:16:11 ID:sl.MJBm.0
>>428
辞書には別に構わない、という意で書いてあるが。

> デジタル大辞泉

> 「尊皇攘夷」とも書く
ttp://kotobank.jp/word/%E5%B0%8A%E7%8E%8B%E6%94%98%E5%A4%B7

442 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:19:11 ID:fKWiGkpQ0
1912年1月27日に少尉に任官し、第124歩兵連隊に戻ったロンメルは新兵の訓練を担当した

1913年12月8日にヴァルブルガ・シュテマーと浮気し、私生児の娘ゲルトルートをもうけた

二人は生活費を送る代わりに表沙汰にしないことで合意した

シュテマーは1928年に肺炎もしくは自殺で死去

のちにロンメルは妻のルーツィエにゲルトルートの存在を打ち明け

彼女はロンメルの「親類」として戦中から戦後まで一家と親しくつきあった

事情を教えられていなかった息子のマンフレートはゲルトルートを「従姉妹」と呼んでいた
 
    |┃三.                ,  {、  ,, -‐ ‐ 、   ,
    |┃                  `-イ≦弋T ̄Zニ二ニニン゙
    |┃.            ,イ , '´ノ    \ ミミ  ̄ミ‐-
    |┃三          {l レ〃 人 ヽ、 `、 ≧=.x、  ミニ=-
 ガラッ.|┃             ,イ リ{{ {  i\ ,ゞ Y ~ミヾ.ヽ、ヽ下ミ、
    |┃        、_ノli〃|'ヾ\{ ヾ ゝミへ\^ Уイハミヾilヾヽ,
    |┃三          リノ/l  `ィ辷=≦ジ,i∠=弌 、il ヾl
    |┃         〃l|/{ { ヘミ=f^~~゙ソ ̄ jzセヨ゙メハi}ミ入_ └
    |┃三       {l リ{ {i ゞミ辷ュ-     、 `¨´ iソ人从二ァ
    |┃          ((-ト{ゞ-ェ< `    '    リ iハ{ゝ-}'´   頼むから表沙汰にはしないでくれ!
    |┃          ゞ=ミi{'=ュ_   -= - _  /八 ゝ,
    |┃三             リ入ミ\     '''   /从ゞ_リ)
    |┃         _, -‐==ノソ、_Y}}ヾ、  , _ ∠ソく } | ´
    |┃-‐‐ニニニ ̄ ~'' ー<   ,ハ与=,,_     〃ー{- )リ
    |┃               l} \ ´'' ,,Y{{`ー}ァ
    |┃                リ i.i\   胤  ′
    |┃      \        /  l i  \,/'^ヾェ、
    |┃     ̄ ̄`\\      / l   \__l}  \
    |┃        \ ヽ,   / リ       i ∧. ヾ\
    |┃         |i  i.  / '/      :l ∧.  Yハ
    |┃三          |li  f´ミく       :l  ∧  |} }

443 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:22:44 ID:fKWiGkpQ0
そして第一次世界大戦が勃発
 
彼は小隊長となり戦乱に揉まれることになる

      -‐ァニ二 > ̄        /   /     } \   ヾ く⌒ 丶
    '― _厶-‐______  -‐     /,   イ     /   ト     ミ =-  \
 _x≪/       /  _ -‐  // / /       ハ {  !丶   ト -
7//∠ ‐ァ ´ ̄ //  イ     〃 /' /.:   //  ヽ  ィ   \  \
__/////    /   /' / -- ,x}/ // ′ 〃     ,.イ、 '. ヽ   `トミ \
 ` ∠ __      / 厶イ.:   i レ j厂≧v厶イ/  _,.ィ´斗ミx、ヽ ト、  '.  ー=ミ
   \//≫x/イ{/  /   | ド{ ̄O ` くミト.:v’ ‘彡0´  }小人\\i
\   ヽ////フ / xイ    } | 丶.___彡'       `¬= " '  ト、 '. }
//ヽ   v _彡.:7ィ / |    ハj   ー ";     {      / , | \{
///∧  ∨////ノ  |   i            〉     ∧ i |   }
/////\  ∨///}   |l   八   _      ‐ .:′   人 川 |
//////∧  ∨//{   v /     \ ー -- -‐ フ /ヽ ト、! l
///////∧  ∨∧_ / / ―;-ミ   ` ‐- _ ‐' /    ヽ{\{   やっと俺の出番がきたか
////////∧  ∨//7 人__ ノ//厶> .  ´  /           ヽ
//////////\ \/////≫ ´     ` ー ´
////////////入 V≫ ´
//////////≫ ´
//////≫ ´
//≫ ´

444 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:24:52 ID:fKWiGkpQ0
ロンメルがはじめて実戦に参加したのは8月22日午前5時頃、ベルギー南部のフランス国境付近の村ブレド(fr)だった

この時のロンメルは前日に一日中偵察をさせられるなど疲労困憊状態で、しかも胃痛を起こしていた

しかし実戦を前に逃げ出そうとしている卑怯者と思われるのが嫌で上官には黙っていた

           /  .′j/ Ⅳ:{ /  / }  /} i |{ハ
.         /   | /  |′ / /  / /:/ / 八 :.
       ⌒7 / |i ′ | /´ | |ノ /:/ / j/   ヽ .
        ノイ : |{ | 彡ハト、 j| |i´ j/ {ハ{ ′   !
         |i | 八{ !{/≧x、)ハ|{、_厶斗、 !i   |i |
         |{ ト、  从  tッ Y´j八/'"tッ 冫|{   |{ |
.         八{ハ ヽ{ ヾ 彡″  ミ=‐ ' 从 /八 {
         /  jノ }\    :|      ノイ/!  ヽ  超おなか痛てえ
            / /ハ           / 八{
           ノイ| ヽ   、-== ァ  .イj/ |{ ヽ
            从i   \  ` こ´ /i |′八
              /  |{ ′/ >   <ミiノ | / | ヽ
                 八{ / j三三三|ツ i j/ハ{
         __ __ /イ `¨¨¨¨´`ヽ/{/  ヽ
       ,.イ/{    ヽ| \.:.:.:.ヽ  /:./:.:...`Yヽ、_
     .イ///∧   Vヘ ヽーヾ , イ‐ ´// ノ `ヽ、
      ト、////∧   ∨ヘ、` ー―| ´ィ7       /,ハ
      | ∨///∧   ∨/∧ ̄ ̄ |////    ///,/}
      |:  ∨///∧  {∨/∧  ///,/   ..:////// i
      |:.   ∨///∧  ヽヾ'/∧ /,//   /////'/ |

445 :名無しのやる夫だお:2012/10/25(木) 23:26:06 ID:comorYVE0
>>441
>>432で誤字じゃないってしたのに、引っ張らないでくれ。
それに投下中だ。

446 :名無しのやる夫だお:2012/10/25(木) 23:26:19 ID:B9VtX.io0
はじめての実戦てストレス凄そう

447 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:27:29 ID:fKWiGkpQ0
銃弾が飛び交う霧の中、ロンメル率いる小隊はブレド村に近づき

少数で村の中に偵察に入ってフランス軍に攻撃を仕掛けるも失敗

村の外で待機していた小隊主力と合流

ロンメルは自分の小隊を二つに分けてすぐに再攻撃を行った

一隊がフランス兵が隠れた建物の正面から攻撃をかけ

もう一隊は建物側面から攻撃をかけて最初の建物を制圧した

続いて他の建物にも次々と火を放っていった

しかしフランス軍の抵抗も強く、ロンメルの小隊から負傷者が多数出た


          / :.ヽ   ゝ‐' _,...:'
         /   ::.ゝ、  ニ、  , -‐"
        /      ::::::..ヽ、   ‐- 、
      /      , ィ´ ̄  `::....、_   ` ヽ 、
     /      /          `ー 、  ヽ
     ヽ    イ、              `ー、}
      .\    ',    _,.ィ_
         ヽ    ', ィ从'_ ≦_二=-
         .',    V / `ヽ ̄ミ、 ヽ、
          ヽ   V、   `  .',  ィニ=-
           ヽ__ノ.:ヽ、      \
         /::〉、::__ノ ,l      ヽミ、ム
        ,ノ.:::://:.ヽ--'.::{ l  ミト、 .トム、``
      ,f./.:::::::'.::::::::::::::::::::ハノ ハ 川i|
      ,'::'::::::::::::::/ ̄`ヽ::::〉リ!′`l l リ     突撃だ!フランスの糞どもを殺せ
     .,'.::::::::::::::::/ィ⌒ヽァ'´
     /l}::::::::::::::::::::::::::::ト、_
   /./.::;ハ:::::::::::::::::::::ノ_,〉
  ./ 冫:ヽ/.::::::::::::::/´/.:::::::::〉r...、_
  / ./.,'.:::::::::::::::::::::/ ./.::::::::〃.:::::::ム

448 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:30:05 ID:fKWiGkpQ0
ロンメルが作戦中に疲労と胃痛でしばしば意識を失ったので副官の軍曹が代わりに小隊の指揮を執ることがあった

             /¨ /¨              \
               /,        i         i        ヘ
            / ,  l  .l   l\  ヘ  _, l  !    い`
            !/}  i  .i   ', ヽ l_,イiヽ l! ! .!リヽ八
            i! i  :! ⊥ヽ ',  .リrリ¨nフli .l  |y }、ヘ
               リ! :| .',.リ不ヽi   ー  リ.! |  |/ ,',、!`
                 ', i!'_ヽー彡 }      i/ .! ¨´.l',!
                 ',i!' ミヽ   〈,         ! i/! .N   疲れた胃が痛い・・・また意識が薄れていく
                 '.!  |丶   _ -―  | l .! {
                    Ⅳ ! リ 、   ¨  /レ′リ`
                 i!     > - <       ',
                        ',   ./    \,,_
                      _ノ }  ./    ,....<:::::::::::>ー- 、_
                  _,,,.:::::::ヽ、_  _,.....<::::::::::::::::::/  /::::::::`¨
                  ,-‐r   {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::::::::::::::

449 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:31:27 ID:fKWiGkpQ0
その後、同じ第2大隊に所属する別の小隊が応援に到着し

加えてブレド村北東325高地がドイツ軍によって占領されたことで

ブレド村のフランス軍は投降

戦闘が終わった後のブレド村は

兵士達や巻き込まれた民間人、牛馬の死体があちこちに転がり

悲惨な状態になった。ロンメルの戦友も数人戦死し、彼はずいぶん落胆したという


           _     /!
             ´   __`__X/
        _/          ヽ_
    //      /      '.`ヽ
    / // /  / /         \
    // /! / / | \   ',  ト、}
    .// | /! ! /:;| l   ト、   l   '.ノ!ヽ                          __
.    ノ/l | !:| | |;:;:{ !、 |:;;:;., | :.ヽl厶_______ -―-  ∧_/l      _/`//)
    ∧l | !:|   !''::;Y ヽ|::;;r''! | !八 |:|/:|             /   |  ̄` -く  ./ヽ 二ヽ
.   ( ∧| !ハ  ト、{;;!__ -;:、 } ハ|:::::)'::::/__  -―…  ̄ ̄ /     !‐ ∧ ―-- /  ∨|/|
      //:::ヽlト、{;:V ̄)' /l/::l_!:::::::/          |\/    | /  l }          /
    / /:::::::/::::::ヽ二..:´:::::::::::::/           |            |/   さ .こ   し'!
.  /  /:::::::::::ヽ\{:::::::::::::::::::::/                |    な         れ の   /
<__,へ ヽ:::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::/               |    ン       て ガ   /
:::::::::::::::::l_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/              ト、!    ね       良 キ   {
::\、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               }      ェ         い が   |
==ミ:::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/             〉     だ    /}  理 見   |
::::::::::>:::::::::::::::::::::::::::/ヽ::::/!             <      ろ   / _!   由 殺  {
/¨ヽ \:::::::::::::::::::::::ヽ/:::l/:::,           /      ォ    ! }  に  し   〉
    {::::::::ヽ=ミ::::::::::::::::::::::::::::)〉         /       が    ∨  は  に  /
   |';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::\        ̄ ̄/    !!            {
.    ', \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} 〉、         ヽ             / /       〉
    '.ト、\__::::::::::::::::く>:::::::::::::l/::::\         /          ∨/\   / ̄
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::/\    /      /! ∧    ト.   \/

450 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:33:36 ID:fKWiGkpQ0
その後ロンメルはムーズ川渓谷での激戦に参加した

ムーズ川は天然の要塞であり、フランス軍砲兵部隊の激しい砲火が降り注ぎ

突破するのは極めて困難だった。ロンメルの小隊が属する第7中隊中隊長も負傷

一時的にロンメルが中隊長代理に就任して指揮権を引き継いでいる

ロンメルは中隊を率いてフランス軍砲兵陣地へ攻撃をかけるも失敗

第2大隊主力を発見して合流した


  _ . . イ    }i    八{ |  } /    /  /     |{     i
      |{    ノリ      人ノイ__, . イ   ,  i   八    |
.      八ー=彡′   / イハX八 !  | /  |{ /       、
      ′   ,!|   /j,≫≠ミ,\}{ ,ノイ  |  八        !| \
   ノイ!   /八 .イ/ {{   o ㍉从{  八ノ}/ }ハ   |{   八 Y⌒
.    八  {     |   ゙ミ   _彡   )イ/ ーzz匕  }  八 ′ }ノ
      Ⅵ l|    |       ^ヽ ノ  ´、゚____》ノ / , ′
.       从人ハΝ           .′ ^ヾ  /  /} /
         |  i: |   _        .::     /  / ,/
         |  |   { ト .     ` ノ     ノイ /
       }|  | 八  ゝ ー_`     _,  / 人{   なんでうまくいかないンですかァ!
.        八{ ハ   \   __ ー― ´  .イ /  `
     /   ///\   \    ̄`   イ 人
  ー=彡   /\///,> . >‐ =≦  八{
      __/   ` <//////77//} /
. -=ニ二{         ̄  ‐-f⌒^
 マ二ニ\`  .             トミ _
.  \ニニ\  `   . __ ー‐ /  >‐-ミ

451 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:36:18 ID:fKWiGkpQ0
この頃、第124歩兵連隊への補給が途絶え

道端の草を食って飢えを凌いでいた兵士たちの中に腹痛を起こす者が続出し

連隊の戦力は大きく低下した

そしてロンメルも疲れきっており勤務中に居眠りしてしまい

同僚や上官が起こそうとしても起きずに眠り続けたので

翌13日に目を覚ました時には上官にこっぴどく叱られたという


                 / / / / / / // / / / /ハ | | ヽ
                ノ / / / / ∠∠ ィ / / / //|l l | | l‘,
                 |/| l | | | ハ,ll |l ハ, / / / イ//イ |l l | | ll |
                 l' | l | |Τ士x|l/ // /ィ士/メ / / / |ノ ll |
                       l从N_〃´t入 ムイ/〃´て入' /ノ   /| ll |
                     Vレゝ ー ´l      ー‐ イ/ // /:::| llノ
                   从|    /       / // /::::::トノ
                    /从   ヽ      ムイ' //:::::::/ノ
                       〃 |人   _ __       |//ll:::::/    よく寝たわ
                  |l   ヽ      `  _.:´/:::ll::/
                  |l    lヽ     r┴ 、ヽー、:レ      やっぱこの耳栓最高だわ
                  |l    | l ┌ ´入\ヽ.\ヽ‘,
                  |l     Иl {三/::::ヽ ソl | .| /
                  |l     _ノl | ̄V::::::::::| l l |’
                    __|rく⌒く      ∨::/ ,/ / /\,、 __
                //,|   |l |\ \ _ _У     / _/    > 、
              //// |   |l ≫ ====/      /    <///// ヽ
                ///// |   |l |///|    l    /  ////////////ハ

452 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:39:31 ID:fKWiGkpQ0
9月22日から第124歩兵連隊はモンブランヴィル(fr)での戦闘に参加した

9月22日の戦闘では大隊長副官ロンメルの補佐により第2大隊は大きな戦果をあげた


が調子に乗って9月24日の

ヴァレンヌ=アン=アルゴンヌ付近の戦闘で銃剣術に覚えのあったロンメルは

フランス兵3名に弾の入っていない銃剣で立ち向かおうとし、片足の上腿部を撃ち抜かれて負傷してしまった

木の影に身を隠し部下に救助され野戦病院で事なきを得た

         ┌―---―==- _   __
         iニrー-=ニニニニニニニヽ
         |ニ!   `{ニニニニニニニ\
         iニ'ー 、 ./ニニニニニニニニ>、
         f廾介' ムニニニニイイ/イ//!><=ヽ  痛ってェ・・・痛てェ・・・・
             ムニニニ/ノハ{{イイソ'   Vハ
            ムニニニ/    从/ '    Vi!
           ムニニニ{           }ハ
          /`ー===ニそ          ,ー'ニ\
          /ニ><ニニニ> _        介廾>
      ./> ´    ` <ニニ>  _
      .//           `  <ニヌヽ
   //                7ニ/
  /ニ/                    /ニ/
 /`ー'ヽ                iニ/
 `¨¨¨¨´                  |ニi
                          |ニ〉,,-、
                    こ二>'

453 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:42:29 ID:fKWiGkpQ0
1915年1月13日に第124歩兵連隊に復帰、この頃の西部戦線は泥沼の塹壕戦であった
 
ロンメルは中隊を率いて匍匐前進しながらフランス軍の築いた有刺鉄線の鉄条網を隙間を通り抜けて進み

フランス軍主陣地に突入し、掩蔽部4か所を占領した

取り戻そうと襲撃してきたフランス軍の反撃を一度は退けたが

結局新しい攻撃を受けるのを避けるため自軍の陣地に後退するのを余儀なくされた

しかしロンメルはその後退を12人足らずの損害で達成

この際の勇戦ぶりを評価されて1915年3月22日に一級鉄十字章を授与された


                 ,. -‐- 、
              ,〃爪ヽヾ::ヽ
              ハ::{::!:::ヽ川トハ
              _{{ノ从:::::::::::斥 リ  俺は強いぜェ
           ≧ミヾイ>イ,.ル'´=ミ、
           彡'=-≪〈:V/,.ィ≦_::ミ、
           ,.彳イ≪::ヽ〃::r_リ∧ヾ
                |::∧:ヾ ||::〃::r':::∧
           ∧:::ハ:::::}}レ/::::::「ヽ:::::V/
             ヽV:::::/ 〉〃》:j厂|  V::∧
             |:::::::|〈,.ヘ、|レノヽ、!  ヽ::::ヽ 〃
             |:::::::レ'/∧ヽ:≫ヽ.  V:::::〉、
             |:::|::Kヽ/:A==ミ〈   F.彡イ
              〈__j_j'´_」-`ー―、}〃 `ーL/
             { ̄_「:: ̄:7__V::::::::V 〃
             ヽ」]]:::::::::「   V::::::::V
                 |:::::::::|   V:::::∧
             |:::::::::|     V:::::∧
               |:::::::::|       V::::::::ヽ、〃
            /:::::::::/      ヽ、::::∧
              /-―::ニ三ニ――--ヽ:::::∧
      _,.-‐  ̄,  _,. 7 ̄ (_ ̄     ヽ:::::∧
/ |\ < _, ィ7 ̄::::/ _,. -― ̄      ヽ_,.\―-
|   |  \'´__ノ――  ̄ ̄      二二 ―  、
| |   \  {:::::::::〈  / ヽ ,. へ三二―    ―/\ /\

454 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:43:42 ID:fKWiGkpQ0
その後もフランスと消耗戦をしていたが7月には向こう脛に砲弾の破片があたり負傷する


         ┌―---―==- _   __
         iニrー-=ニニニニニニニヽ
         |ニ!   `{ニニニニニニニ\
         iニ'ー 、 ./ニニニニニニニニ>、
         f廾介' ムニニニニイイ/イ//!><=ヽ  痛ってェ・・・痛てェ・・・・
             ムニニニ/ノハ{{イイソ'   Vハ
            ムニニニ/    从/ '    Vi!
           ムニニニ{           }ハ
          /`ー===ニそ          ,ー'ニ\
          /ニ><ニニニ> _        介廾>
      ./> ´    ` <ニニ>  _
      .//           `  <ニヌヽ
   //                7ニ/
  /ニ/                    /ニ/
 /`ー'ヽ                iニ/
 `¨¨¨¨´                  |ニi
                          |ニ〉,,-、
                    こ二>'

455 :名無しのやる夫だお:2012/10/25(木) 23:45:04 ID:comorYVE0
足ばっかり怪我してんなw

456 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:48:12 ID:fKWiGkpQ0
1915年9月に中尉に昇進するとともに

新たに編成される「ヴュルテンベルク山岳兵大隊」ヘの転属を命じられた

10月4日付けで正式に「ヴュルテンベルク山岳兵大隊」へ転属。同大隊の中隊長となった

ここでの戦闘は緩やかでゆったりと1年戦争していた

1916年10月末、山岳兵大隊はルーマニア戦線に転戦、ルーマニアの守備隊を破る奮戦をする
 
この後、ロンメルは一時休暇をもらって大隊を離れ、1916年11月27日にダンツィヒにおいてルーツィエと簡易な結婚式をあげた

ハイテンションのロンメルはすぐに戦闘に参加しガジェシュチ村(ro)で大戦果をあげ、360人ものルーマニア兵を捕虜にした


                         ___
                     ,.-―‐´-二二三ミ`ヽ
                   _,.イ > ァ――_>―=ミ、__`ヽ、
                  // /,. -――>―=ニ二ヽヽ\
              、___/ //  ///,. -ァ――‐- \`ヽ、
            、__`フ__//  ///ヽ. / _,.ィ仁二/ >,ハ
            _>'____二ニ≠/,.イ/_∠_>――// / ,ハ
           `Z二/チV / /////∠/ X、 、_>__ / //ノ、
            ,〃/ j小{////,.イNr≠≪>、―∠二/,.イヽ |}!
        ヽ==刋/ / ////イ /  乂i! O  ヾ斗彡 / /}N | リ
          〃7/ //イ,.イ{/ハ〃      \ _,〃´__フ  / // .//i
          /  レ'イ{ /レ'ヌ乂_{{           `ー≠≦x_彡' ///
            匕レ'´レ' / 〉 ヽ 卞-、._    _ j fゥ ̄>ヽ. /,イ!
         _,.. -‐「∧ハ彳/ ∧    V^ー 、`ヽ イ  ヽ、`メイ彡',〃
       /  、___乂 /イ/  ヽ.   ヽ:::::::::\ ヽ    、_`>//
      / //  ̄ // /^V    ヽ   \::::::< } `ー/,.彳 ´   ルーマニアのカスを潰しまくってとっとと戦争終わらせてやる
      ( /二ヽ ̄ ̄`ニ=≧ _  \   `ー<´ _,. イイ{ !
    //{ {ミ:::::}}  、___ ̄ ̄ ̄>‐'  ̄ヽ-=≦三≧ミ、
        八弋_:ソ /\_____二二/   _,.  |´_ ̄    ヽ
_,. -‐ ' ´ /`X /○/ナニニ==/   /, -‐┴-、`ヽ    ∧
       // \_'/ \     X_ ノ 》'       }ヽ     ∧
         _,. -‐`ヽ   〉 _,. ヘ. \=/   〃 ' ´ ヽ_ヽ.    |
ー//-///  ∠ >‐'´ └‐,┐=|   /   ,. '´  Yi   |
   ///   //      / |  ヽ_,イ   /  、,. イ !   /
  ///   //         ,.ヘ     !__,.イ、_ / ./ /  /
/ /  〃/'       /  /  \      Lノ__//_ _,.イ
             /          `ー==彡' ´  /
           /            //    /
                     //     ,.イ
                            / /

457 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:50:35 ID:fKWiGkpQ0
8月10日には弾丸が左腕を貫通するという三度目の負傷をした

しかし彼は構わず戦闘に参加し続けた

傷口を放置したせいで高熱にうなされたが

彼はベッドの中から命令を発し続けたという

ミ三ミ三ミ〃'  ヾ三ミ=ミ=ミ} /             /彡〃 ,,=≦彡三
三ミ三ミニ{__    ミ三ミ=ヾ/           {三/ ノ彡三彡三
ミ三ミ三ミ三ミ    ヾ三ミ={        / ,,,彡三彡三彡三彡三
  "~ヾ三ミ=ミ     ミヾニミ、 i!      {!彡三彡〃  ゞ彡三彡=
  ,=三ミ三ミ=ミ=ー-、 ミ三ミゞ{i    / /三彡-''"     ヾ=彡三{
,,-=〃′~ミ=彡  ヾ=-,,_}i}ヾミf{   .i! 〃彡rf彡三ヾ-=-,,_ ノ=三=三
三彡゙   /〃┌―---―==-圭、  /圭ミ{≠三彡~`ーミ三ミ三ミ三
    rf彡"゙  iニrー-=ニニニニニニニヾ=ーヾ、    ミ三}ヾミ三ミ
ミニミ〃 〃   .|ニ!   `{ニニニニニニニ\  ゞ、  /ゞミ={ ヾミ三
ー三/       iニ'ー 、 ./ニニニニニニニニ>、   {!  ヾ   ゞミ=
彡'"      f廾介' ムニニニニイイ/イ//!><=ヽ   ヾ、     }=ミ  腕がああああ
             ムニニニ/ノハ{{イイソ'   Vハ   }!ト、    ヾ=
            ムニニニ/    从/ '    Vi!   i!  \    ~、 ・・・・ちょっとやばいな
           ムニニニ{           }ハ   ヾ
          /`ー===ニそ          ,ー'ニ\  }!
          /ニ><ニニニ> _        介廾> 〃
      ./> ´    ` <ニニ>  _         ,,彡
      .//           `  <ニヌヽ      r='ミ'
   //                7ニ/      =〃
  /ニ/                    /ニ/      イ
 /`ー'ヽ                iニ/
 `¨¨¨¨´                  |ニi
                          |ニ〉,,-、
                    こ二>'

458 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:54:05 ID:fKWiGkpQ0
イタリア戦線ではマタイユール山(it)やコロヴラト山脈(it)の1114高地を最初に占領した部隊の指揮官には

プール・ル・メリット勲章を与えると布告した

かなり激しい勲章の奪い合いになった

ロンメルの部隊はコロヴラト山脈の陣地の占領にあたって大きな功績を果たした

夜間に敵陣地に偵察を行い、配備の隙間を発見してそこを通過してモンテ・クク山を強襲

突然ロンメルの部隊が背後に現れたことにイタリア軍はパニックとなり、総崩れ状態となった

部下に無茶な進軍をさせて前進を阻まれていたフェルディナント・シェルナー少尉率いるバイエルン軍部隊が

その隙に1114高地を占領し、シェルナーがプール・ル・メリット勲章を受章した

ロンメルはブチギレたが決定は覆らなかった


               _,. -―――/⌒ヽ
               //    //  / ̄`ヽ
             // / /// | /_,.'二二 \
 __ト、ト、 ト、    〃// / / //  / // ̄_>ヽ
_>―ミ、\\ヾヽV乂ノ /  レ' ./// //_二彡ハ
Z ̄ ̄`ヾ  \  \\<   トV // イ// //,.イ 「全部話せ。洗いざらいだ」
三二          ヾト、\∧{/,イ ! .乂,ィ千イ / |
∠二 _三二≧ミ、     V〃// ∧/ {r⊥//∧!
≧彳「\_,.. ――/三ミ、   彡' / // _   r'イ
 彡' ̄\\ //l 「   {   ミ/イ / {┴ 'T′i!
  \   / /  | |  〃从 `ミ >‐'´ / / | /||
    V 〃    /// / 仆7´7 /!ハ{ ノ/ ヽ
  /   ||   / ̄_/i!  从ミ、/  {{ 〃
/   | }} / ̄    》 /∧ミ
     |〃イV/    // /{{り
 ヽ__〉  /∧   // /
、   ヽ // ヽ  《 /
ハ    V      V
 !    ヽ   \ !
 ヽ、    }ヽ    || ヽ
ヽ_」_  〃  }}\,.リ ノ
 トト「 ̄《  〃≪ ̄`ヽ
 | \_≫'=ミ、   ∧
 |    ||     \\ ∧
 |  __》      \ ∧
 | __二≧_____{ 》
 Y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二二]ト、!
 ヽ. ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄\\ ∧
   `┼         \\ \
     V二>、     \\ \
     |こ二フ \    \\ \

459 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:56:30 ID:fKWiGkpQ0
切れたロンメルは50時間に及ぶ軍事行動の末マタイユール山を攻略した
 
イタリア兵が異常に無気力だったこともあって、500人のロンメルの部隊は

5人の戦死者と20人の負傷者を出しただけで9,000人のイタリア兵を捕虜としていた


                       /
              r .¨ ̄ ̄¨''- 、 ./
            /         .l  イタリア軍ヤル気ねーな・・・・
           /   ..l  |  .、、  |
          イ |/ ,| ト |, ..i ト`、 |  ここまでとは想定外だ
          イ . .V |、|.ハ ハ/l /| ゞ|
          ナ.|. .ト|/=== V __|/|∧
           トイ/   ,   ̄ ̄ |/  >
            |ハ|   r― 、  . | /
             ` .、 .――' _,.イナ ̄ ̄\    ./
            ___.|` -''/  ヽ___     ̄ ̄
         / l::l k::、''―t_.、_  <_./l`、-――-.、
        /,  |::l .l:::t---y::/x'、,,,       /::::ヽ.''|.|::| 丶:::V':'::://:<、/.∧ | :::::::::::::::│
     ./:::| /  .| t:丶 ヽ::://::::/ .<::l\| ::::::::::::: │
   /:::| /:_:::::::| ヽ::\`' /::::/  /:::\::l\ ::::::::: │
 /:::| /::::::::::::ヽ::|  .\:::V:::::/  l:::::::::::\ノ :::::::::::│

460 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:58:07 ID:fKWiGkpQ0
ところがマタイユール山と間違えて別の山を占領したヴァルター・シュニーバー中尉が

「マタイユール山を占領した」と第14軍司令部に報告していたため

ベロウ将軍はカイザー・ヴィルヘルム2世にシュニーバー中尉を推挙し

結果彼がマタイユール山占領の功績でプール・ル・メリット勲章を受章することになった

ロンメルはこれに激怒して正式に上官に抗議したが、決定は覆せないと認められなかったという


         |i |i i{  !八          ::.'  ...         } :/ / :/ { } i|
         |i |i八  i|  i \           、 ,         } /} / }/   }/ i|
         |i |i; ∧ }\{                         ミj/ j/ 八  i{ 八
         |i八{  \\\   .:       __,.   -―…ァァ''’ / /}i ハ j}/
           八 ハ  {!`T:∧ くj{_,. ィ㌻ニー  ー===㌻^´   .′ 八  j/     ・・・ふざけんじゃねエぞこのやろう
           ハ } j} i i|/::∧   ` ー…━‥ '~´        /.::::/  {\
              j/ 八乂::/::::::::、      ー=====≠     , :`.:::/   }  \
           //{i j{ ヽ::::::::::::::..              //.::::/ j{ !   \
          /   } :八  \:::::::::::个: .         / {i::::: j :八 ‘     ,
                j/}  \   \:::::::i}     __       j{.:.:.: }.:/| |ハ }      ,
                 ハ   ‘,.:.:i}              {!____{/ :| | j/      i}
                    ,   } iトミ_______彡{IIIIII}_j_j_,/        .′
                    } ハ } i{///////////////i{IIIIII{ ̄ ̄ヾ,      /
                     j/ j/{ リ`¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ Ⅵ7{\{   》
                   /  /!/    :,         ;'  ∨ }! \ 〃  /
                       /     ´,     ,´    \{   /  /
                 __,. <.,_      ´:,    ,:´     __,.>、__/___
            _ノ≧=- _三 三三二ニ======ニ二三三 ≠  _ =-≧=┐ .,_
       _,.  -<≦三三三≧=‐- =二三 三三 三三 三二≠=≦三≧>≦三二ニ=-   .,__

461 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/25(木) 23:59:35 ID:fKWiGkpQ0
しかしまだイタリアとの戦争は続いており、チャンスはあった

ロンメルは退却するイタリア軍の追撃戦で活躍し

ロンガローネのイタリア軍基地への攻撃において勇戦し

やはり無気力なイタリア兵を8000名も捕虜にし


この結果
1917年12月13日にヴィルヘルム2世はついにロンメルにたいしてプール・ル・メリット勲章の受章を認めた


             // / /.〃    ;{{     __\}],   .}/     /.  /    '、
              // / // i    イ八、 {_r' 从\_,《   // .〃    、 \
           / /   //. /i |   , 从丶\___ _}} 厶}}xイ/ //   /  .≧=≧=‐-
         . ,___ ,彡 /从j { /{ {三  ̄   ̄三″   ,ィ≦≪} /   , '     、
          i !  /   //7 { i ∨厶 、__  二       {{{r  ∨  /     、 \
          |从 /   { {/ 人 、{  ̄\{___       _   , 、___}}/      ,厶≧=\
           、{   /幺ィ⌒ \\   仄 ̄          /    ̄不. }     / ̄`.
             . /  /个ー;  `≧={{\ ̄ ̄ ̄__ミ 、    / 小∨  从.′   ;
           ∧{ ./    ∧      ∨ ̄ ̄ ̄\:::\\    厶j厶 ,ハ }     }
             /  \{ .   /  、    〈ヘ、     〈__jУ   /  }} }/  }リ   ノ  イヤッホォォ!!!
      ー=≦__ / // ./{   \   、 \\_  __}/    厶_ノ゙ ノ゙ .ノ  '゙´
          ア  // .,{/ヘ.     \ \ \___ア   /.≠´ ̄ ̄三三≧=- __
       /  /  /,厶イ∧//\     \ 丶 _     ..イ/    =ニ二三 ̄      ̄三ニ=
     .'  .∠{__彡 ,{ ______j\//\____ __>、   _.≠´ /    =ニ二三            ニ==
     {/ :=:=:≠{  . ̄ ̄i ̄` </ / / /____≧ : : : , '    =ニ二三                ニ==
    〃,: : : : : ∧  、\ __j    { ̄ ̄≧/ / : : : /    =.ニ二三          ____ ニ==
    {{ {: : : : : i  \ \ `   __ 、____.≠  . : : : : {  ‐=≠ニ三       ニ二三三三三三三三二ニ=
      Ⅵ : : : : i    i\ \______≠   .  一=ニア二        二三三三三三三三三三三三二ニ=
      | \__j____j__: ≫.、  ̄ ̄/   /  一=ニアニ=      二三三三三三二三三三三三三三三二ニ=
      |: : : : ̄{ ̄ ̄!: : : : | \___,〃   /  一=ニ7=     二三三 ̄ ̄            ̄三三三三三二ニ=
     ∧: : : : : :、  !: : : : | ///     / 一=ニ≠{=   二三                     ̄三三三二ニ=

462 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:02:01 ID:6je/XpWE0
その後1918年2月に西部戦線へ転戦したが

まもなく幹部候補の一人として第64軍団司令部に参謀として配属されることとなった

以降一次大戦中は敗戦まで前線に戻る事はなかった1918年10月18日に大尉に昇進した

しかし11月にはドイツ革命が起き戦争は終結に向かっていった

                 / / / / / / // / / / /ハ | | ヽ
                ノ / / / / ∠∠ ィ / / / //|l l | | l‘,
                 |/| l | | | ハ,ll |l ハ, / / / イ//イ |l l | | ll |
                 l' | l | |Τ士x|l/ // /ィ士/メ / / / |ノ ll |
                       l从N_〃´t入 ムイ/〃´て入' /ノ   /| ll |
                     Vレゝ ー ´l      ー‐ イ/ // /:::| llノ
                   从|    /       / // /::::::トノ
                    /从   ヽ      ムイ' //:::::::/ノ  なんども死にかけたが無事生き延びれた
                       〃 |人   _ __       |//ll:::::/
                  |l   ヽ      `  _.:´/:::ll::/
                  |l    lヽ     r┴ 、ヽー、:レ
                  |l    | l ┌ ´入\ヽ.\ヽ‘,
                  |l     Иl {三/::::ヽ ソl | .| /
                  |l     _ノl | ̄V::::::::::| l l |’
                    __|rく⌒く      ∨::/ ,/ / /\,、 __
                //,|   |l |\ \ _ _У     / _/    > 、
              //// |   |l ≫ ====/      /    <///// ヽ
                ///// |   |l |///|    l    /  ////////////ハ

463 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:05:38 ID:6je/XpWE0
ロンメルはヴァイマル共和国陸軍将校に選び残された者の一人であった
 
これは将校の人数が4000人までと制限され小国並みの軍事力しか持てないようにするためである

軍に残る事を希望するドイツ帝国将校6人のうち1人だけがヴァイマル共和国陸軍に残れるという倍率を勝ち残った
 
1929年10月1日にドレスデン歩兵学校の教官に任じられた。多くの実戦経験を持つロンメルの講義は生徒たちに人気があったという


                  _ _
                ,  ' ´  ‐' ヾ` ̄ 'ヽ、
    、   、 }  /  /  ,x- / / // ̄ヽ、
ミ、 \、\\ヽ }' //'"  '"´/ / /'´ /.//, 斗ヾ,、
{ 、ヾ、   ヽ、//'"     /'//// ィ' //    /、/!
.{、l ! !    /  /   /  .// //! / //  / }/ }、
ヾ } {/    / _.//   /./  .// / //| //  /.// ! }
ヽゞ}{  /::|/ }   / /  ,イi / // .! /  //! /! |
 ヽ  {:::::/{  / ! {  {.   ||./ /´ ,| / // ///! }
  ヾ {:::::::/|.//| ! ∨  /  l/ ///_|.|/'" /' ///! !'|
  \ヽ:::::::/|//'i ! | ヽ | ./ { /'/./~>x、,イ'/ ! .///! i i
     \::// | |/! ,イ i | 斗'"/l弋 ィッ ;`ヾ/'///'/ l/!
`     \:|''"|'::::| //! l | |/ .{ |'   ̄ /゙r::'"/|/// i!
       ヾ}、::::/// !! i i ! /        {:!'//'!// i'
>-  \、   ヽ::/'"|ヽ| i ,| |       、_,, ゝ.!.! |/   あの地獄をよく生き抜けたもんだな・・・・
- ,z__ _ヽ    メ:::/'::::∨ l | ~''三'"/,ィ/.{ |'
'" ''" /-/ ,ィ‐ ミ、:::::: ヽl |`゙'' --'´//'| |
、x‐== /´//彡//!ヽ:::::::/| .i::::::::::l -‐/ |.i
.}} |::     {´〈 /|// ∨:/:::|/:::::/ ==-. レ
..}} i:       ∧ ' ∨ ∨::::::::/  ミ、-、"
. }} i:       ∧  /! 〉::;x彡ヘ |ミ ヾヽ`
. ト、         ∨ //:/   /   }、
/ヽ 、        {//:/  ./     / }
  \、       |:/ x、"      /::  {、
    ヽ 、    /ィ‐/   `ヽ \     //、
    //  /'" / |      ∨     //  \
    //  '     |      `ヽ    /     \

464 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:12:08 ID:6je/XpWE0
1933年1月30日に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)

党首アドルフ・ヒトラーが

パウル・フォン・ヒンデンブルク大統領よりドイツ国首相に任命された

               /    //  /‐───- 、   \
              /r‐─‐ァーf/    /-────-、 \\ ヽ
               / ∨三/'¨7   /   / /      \厶 ハ ',
.              /  \/__,/   /  ,イ l  |       il V∧ハ
            /  _//〉‐/    /\/ |i |l | 丶    i|  l ト、 ',
             ,′ f⌒∨ /    /ハ {\! |l !{   \  i|  | トく l
            / ハ.  V    /ィfテミ、 ヽ八 ヽ    ヽ_|  l |/ |
             l l 〈_∧   ',   ハ{_f::j:リヾ    ヽ∧>七 j  ! |_  |
             | l   _ム _ ゝへ| V;之_        _ ヽハ ,' /  | \|
             | l  >'´     ヽ           ィ≡气 / /  l\/! N 憎しみで
             | l  |   -ー―一ヘ   , 、__  ヽ    〃:/|   ∧ | S 世界に 
          j八 |       __}  {  `ア    ,ムイ /  ,イ__j│ D 大復讐をする
         ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー'  ,. イl│ Ⅳ  / | jlリ A  アドルフ・ヒトラーの
        /  /  ハ   _,  --‐〈. >‐r<  /l│ 〃  / j /  P パーツになる
          // /   | ハ     , イ1  /   ヽ./ ∧/   / /'    党
.        〆 /    い \ -<  }}/ ̄ ̄`ヽ>ーイ 、 /    
      〈  /     ∨ 代\   ハ、 , -―‐- 丶 //丁fヽ
      ∧/       ∨   `三彡' \    __ ∨´  |│ l   それが我らのNSDAP団!!
      l |        \==彳│  \/  ` |   |│ l
      l |          `ー‐ ´ |    \    l|   |│ l

465 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:13:35 ID:6je/XpWE0
ロンメルはこれまで政治にはほとんど関わらなかったが

、他の多くのドイツ軍人達と同様にヒトラーの登場には熱狂し

彼の反共主義と軍拡のイデオロギーを歓迎した


                            __, --=ミ_
                           /7/  l//   `=ミ、
                           /  ! !  /       ト、
                          /   { { /          ! ト、
                         〃 // ∧!/l_/    /    }∧}
                      /l/ // / /l /=ミメ!/ !! /! /  |ヽ
                      / | //! //!//l人O _八!|l/_} !'  ! | ハ}
                 -=ミY⌒ノ!/l l'/ //l|{      ノ从olメハ/ハ{/八
                 -=ミ≧-='八 |!l'! !i |!       / `¨/l //|!'
                   -=ミ三ミヽ  `ヽ从ハ ∧  -‐、、    /l !'∧|  面白そうなことやってんじゃねえか
                    -=≦三_       /)ニミ`=′ ,イイ}//}|
                  -=彡    --      〈<{ ∧_ イ / !l'/ /!
                〃爻彳/ // ̄`ヽ)、 爻`=}}/77^>ハ|/!//=、
                      /厶ヘ//     ∨ト,))} =〈/く//} ハ|/ ≧ミ
                   厶'〈       } ! ∧ |! |ハ}/く ヽ   ミx
                      /∧ヽ   / |l{   Ⅵ |} |!/}メl/}   ≧ミ
                  //  } }  / /∧ヽ  `| |l// }/!ト、  爻
                     /〈   | | / //   、}   ! |! }彳 从爻)'
                  /ヽ丶  | l/ /    }ト、 } l/´  /}
                    / :!::./}l  l/-彡'    || メ/    //
                 /  ∨:}|! / ! !       || { ト  //
              /   ∨_ノ}  | |__    ∨ ! !   {/
                / 厂 ̄ヽ}メ、 |  | 「`ヽ\ 、 Ⅵ | l /l'
              ∨!} 厂 ̄ `ヽ!  ! !  \}__} ∨! | メ、
                 ∨{      ≧x} }-―=  } }  ∨l'/ハ
               ヽ   //==ミ     | !  `メ、_ }!

466 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:16:10 ID:6je/XpWE0
1937年初期にロンメルがフォッゲンライター出版社から『歩兵攻撃』を出版した

これはロンメルが教官として行った講義をまとめた物であり

ロンメルの一次大戦での経験が分かりやすい文章と挿絵付きで書かれていた

この本は50万部を売り切るベストセラーとなり、各方面からの高評価を受け

一次大戦で歩兵だったヒトラーも自分の経験に照らし合わせてこの本を激賞した

           _     /!
             ´   __`__X/
        _/          ヽ_
    //      /      '.`ヽ  ← かっこ良く優しく強いロンメルさん
    / // /  / /         \
    // /! / / | \   ',  ト、}
    .// | /! ! /:;| l   ト、   l   '.ノ!ヽ                          __
.    ノ/l | !:| | |;:;:{ !、 |:;;:;., | :.ヽl厶_______ -―-  ∧_/l      _/`//)
    ∧l | !:|   !''::;Y ヽ|::;;r''! | !八 |:|/:|             /   |  ̄` -く  ./ヽ 二ヽ
.   ( ∧| !ハ  ト、{;;!__ -;:、 } ハ|:::::)'::::/__  -―…  ̄ ̄ /     !‐ ∧ ―-- /  ∨|/|
      //:::ヽlト、{;:V ̄)' /l/::l_!:::::::/          |\/    | /  l }          /
    / /:::::::/::::::ヽ二..:´:::::::::::::/           |            |/   さ .こ   し'!
.  /  /:::::::::::ヽ\{:::::::::::::::::::::/                |    な         れ の   /
<__,へ ヽ:::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::/               |    ン       て ガ   /
:::::::::::::::::l_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/              ト、!    ね       良 キ   {
::\、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               }      ェ         い が   |
==ミ:::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/             〉     だ    /}  理 見   |
::::::::::>:::::::::::::::::::::::::::/ヽ::::/!             <      ろ   / _!   由 殺  {
/¨ヽ \:::::::::::::::::::::::ヽ/:::l/:::,           /      ォ    ! }  に  し   〉
    {::::::::ヽ=ミ::::::::::::::::::::::::::::)〉         /       が    ∨  は  に  /
   |';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::\        ̄ ̄/    !!            {
.    ', \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} 〉、         ヽ             / /       〉
    '.ト、\__::::::::::::::::く>:::::::::::::l/::::\         /          ∨/\   / ̄
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::/\    /      /! ∧    ト.   \/


なおロンメルはこの本の印税に関してフォッゲンライター出版社と結託して脱税をした

467 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:19:19 ID:6je/XpWE0
1938年9月にズデーテン併合にあたってヒトラーは

ロンメルを再び総統護衛部隊隊長に任じ、自らの護衛を任せた

この頃にはロンメルは完全なヒトラー支持者になっていた

彼の妻への手紙もヒトラー讃美がどんどんエスカレートしている

「(ヒトラーは)ドイツ国民を太陽の下へ導きあげるべく、神、あるいは天の摂理によって定められている」
と書いている

彼は友人への個人的な手紙にさえ文末に
「ハイル・ヒトラー、敬具、E・ロンメル」と記すようになっていた

ヒトラーにとってもロンメルはお気に入りの将校だった

ロンメルは貴族階級出身の将校ではなく

そうした貴族将校たち特有の平民出のヒトラーを見下したような態度がなかったこともヒトラーの好感につながったと思われる


             /         ヽ   ヽ ヽ   \
             //        ヽ   ヽ  ヽ  \
            / ,′     l       ヘ   ヘ   ∨   ヽ
         / / , /   !  .|   l   ヘ l   ヘ l .∨   ∧
       /// ! / /   !  l   !    l、!  l   ヘ ∨   ',
       .//./ ,' / l   l  !l   l   lヘト, l !  ヽ ∨  l .,
      /,イ/ !/ l   l ! .l.ハ   ! l  l _l,,マ !´! ̄ .\∨ !l !
      //! l  レ / ! _!__ハ__ハ  l ハ、!,,イ!-‐,,'=!l ト l   ヽヽ! ト.',
     .l/ l .l ./ / ´! ',_,!=リ=、,! l リ !./''´ O',!リ ヾ  ! l 、、!!ヽ
     リ l .l/イ  .l !イ', ! O _, ! / l .l/`ー二 ! '"! l  | |  lヽ、
       !イ l  ', .ト、lリ''"´ .l/ l         .lイ   l  ! l トリ    ハイルアドルフ!ハイルヒットラー!!
       ' ハ l',   ', ',l、 !      ヽ        リ!  ,ハ .l .l l
        !ハ !ヘ  ヘ l ヽ          ___ ,ィ | .,' .l/l .lリ
        'lヘ ∨ ト、!、   __, ==_'ニニ二''-./  l /! l:jl ル'
          ヘ∨l、ヽヽ、  `ー'---_‐, ´    イ ! ハ !
          ヽ!、ハ ./! .l>.       / | l/  l!
               l/ ヽ.!ヽ ヽ>    /   !/lリ
                 \!    ¨     リ
                   ',       ,′!
                    ,ィ ',    ,′ ヽ、
               _,,/ l  ヘ   l     `  、_,,
             , イ:::::::::::`::::::-....____!___,, ィ:::::::::::::::`::::..., 、__
        __,, ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    /:`::::.-....、
    , イ::::::ヘ  ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    /:::::::::::::::::::::ヽ

468 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:22:25 ID:6je/XpWE0
1939年8月1日に少将に昇進した。6月1日に遡及しての昇進である事を認められた

これはロンメルを寵愛するヒトラーの特別な決定によるものである

ロンメルは妻への手紙で
「私が聞き知ったところによると先の昇進はひとえに総統のおかげだ。私がどれほど喜んでいるか、お前にも分かるだろう。
私の行動とふるまいを総統に承認していただく事が私の最高の望みなのだ。」と書いている

8月25日に「総統大本営管理部長」に任じられ常時ヒトラーの警護を行うこととなった


             /¨ /¨              \
               /,        i         i        ヘ
            / ,  l  .l   l\  ヘ  _, l  !    い`
            !/}  i  .i   ', ヽ l_,イiヽ l! ! .!リヽ八
            i! i  :! ⊥ヽ ',  .リrリ¨nフli .l  |y }、ヘ
               リ! :| .',.リ不ヽi   ー  リ.! |  |/ ,',、!`
                 ', i!'_ヽー彡 }      i/ .! ¨´.l',!
                 ',i!' ミヽ   〈,         ! i/! .N
                 '.!  |丶   _ -―  | l .! {   総統は俺を理解してくれる
                    Ⅳ ! リ 、   ¨  /レ′リ`
                 i!     > - <       ',  総統の元でなら俺はなんでもできる
                        ',   ./    \,,_
                      _ノ }  ./    ,....<:::::::::::>ー- 、_
                  _,,,.:::::::ヽ、_  _,.....<::::::::::::::::::/  /::::::::`¨
                  ,-‐r   {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::::::::::::::

469 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:25:31 ID:6je/XpWE0
ポーランドが瞬殺され、ポーランド戦後

ベルリンで退屈な日々を送ることになっていたロンメルは

来るフランス戦では前線勤務をしたいと志願した
 
陸軍人事部長は一次大戦での彼の経験に基づき

山岳師団師団長をロンメルに提示したが

ロンメルはヒトラーに装甲師団の指揮を取りたいと求めた

各方面から反対があったらしいがヒトラーの介入で装甲師団の師団長に任命されることとなった
 
 
  / / .  i/    /   / /    i     \   \,       、 !V
// i i   l ___/   / /  i   |     ヽ   }     、〈\i      ,
// | |   l   /\__,//!   '!  ,ハ   i    . 〈    、_jV\    ¨{二
/ /| |   | /| _≫‐ミ 、| / |  /i ハ   l   . ∨\_  \        __)
/,ハ| |   l,/i |/\ {.ン\〈_,ノ ,/_,|厶j__ l   i  |   }__j廴)        よ
/{二}      | 、、 ` ̄` `}イ不ぅ寸| i l   |  |    \(           つ
 、|     |\\\\\ヽ 〉、ー勹| i l   |  |   ___〕        `>'´
\ヽ|   || U        /\\ | i l   |  |   \          (__
i iト|   |l   .∠二二ヽ、    |V八、 |  |    __,>      __i_
| i||   | U ////////{__〉     从  ヽ|  |  _ \_          (j
|/'i||   || |'/////////   U ∧ \  |\|/ `⌒7         .ノ
  | i|  i  iト|  { ̄ ̄`'〈//     'ヽ }   丶|  `   厶,         | ┼``
  | i|ハl  |i、   \____.)  /        、{     ∠,       レ .ノ
  |/|  lハ|| \       イ  / ,ハ  、  い     厶/       ヽ
_.ノ     ||  丶 ___,..イ .リ  / / | ハ   i |       勹      ¨フ
一≧x,,__ `   /    }/| /|/  |/   ', ハ|      /        /`i__
二二二三≧x,,_{       |/        }/      ヘ√l/        つ
二二三 三 三 ≧x,_             _    / / /  /   ||       、
          二二三≧x,_______  {_}  / / ,勹/l/   !!    、 ∨`
二三三 三 三        ___|        / / jノ '⌒i |/V|        i\l\|
三三三 三 三三三三三三≧x,_          ,/ /∨     |   |/|√|,√iハ|
三三三 三 三三三三三三三三≧x,,_     {__,/        \_   _/

470 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:27:25 ID:6je/XpWE0
積極的な歩兵攻撃の論者だったロンメルだが、彼は驚くべき早さで戦車の運用知識を身に付けた

2月27日にロンメルはベルリンへ飛び、ヒトラーに師団長就任の報告をした

ヒトラーより「楽しい思い出と共にロンメル将軍に贈る」と書き添えた『我が闘争』を贈られた

                                    .  ⌒ヽ
                            _.ノ{-r≪__    /  .   i
                       / フ⌒¨    }ミ_/    ′  l
                   .__┘_{ノ{\   __jノ'     /     |
                    / / ´厶≧ヒ.人    __ ..イ    |
                 / //  i |厂 ̄`` ,`フ爪 i !V    |
                   }ノ ′ | |     . -- 、 从jノ'⌒ヽ.  | やっぱ総統最高だわ
                  / /i  トミ  / ̄_⌒’ }| |: /: : : : \|
                'イ{j  i {         从{/: : : : : : : :`7 俺のわがままにも応援してくれる
                  i 八  トミー─   ヽ///: : : : : : : : :V
                  |ハ{\| iい      イi//{ : : : : : : : ∨  こんな素晴らしい上司なんて他にいない
                        }从 }     {_/ i: : : : : : : :/
                      }ハ     /}:{  l:、: : : : : /
                 __、  -‐<{___.____{/: } ,|: :\ : /
             ,. :く  丶 : : : : : : : : : \ / : ノ /: : : : ∨
               /: : : :\  \: : : : : : : : : : : : { i : : : : : i
           / : : : : : : \  \:_:_: : : /\ :| |: : : : : :j
              /: : : : : : : : : : 丶  、{: : :\,/ : | ' : : : :∨
         _,ノ: : : : : : : : |: : : : : :丶 \: : : : : : l/ : : : : : i
         }: : : : : : : : : 厶: : :i: : : : :\ \ : : : : : : : : : : |
        /\: : : : : : /{  \|_: : : : : : \{: : : : : : : : : : '|
       /    >、:_:/ |- 、_}丶 : : : : : : : : : : : : : : :/ }
      /  / /    | : : : |\ \: : : : : : : : : : : :/ /|
     /     /    |: : : !: : 丶 } : : : : : : : : : / /: |
     /     /         | : : : | : : : : 〉 : : : : : : : : } /: : |

471 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:31:17 ID:6je/XpWE0
西方電撃戦ではドイツ軍に不利と思われた

ドイツ軍の戦車は2800両だったが、対する連合軍の戦車は4000両だった

戦車の装甲や火力も連合軍が勝っていた

ただ戦車の速度においてのみドイツ軍が勝っていた

そして西方電撃戦では速さが一番重要だった。ロンメルの第7装甲師団は特に素早く進軍し

しばしば師団の主力が師団の先頭に置き去りにされた。ロンメルの搭乗する戦車は常に師団の先頭に立って前進した

通常交戦が始まると身を隠すためや敵の規模・装備を確認するためにその場に停止するが

ロンメルは交戦中も常に前進を命じた。それによって敵に第7装甲師団がどこにいるのか分からなくし、敵に自ら拠点を放棄させることに繋げようとした

部下の将兵たちの間で「不死身のロンメル」伝説が広まり、絶大な信頼を寄せられた

連合軍からは幽霊師団と呼ばれ恐れられることになった

                _
          , ' ´  ̄ ̄`ー ` ヽ 、
. ト、      ∠___    _     、  `ヽ、
 ヽヽ、 _/ィ―――ミ、_ `ヽ、   ヽ、ヽヽヽ、
   ゝ、`ーミム ヽ、 `ヽ、`ヾ、_\.    \ミムミム、
    `./7「 l ヽ` ト.、\/oヽil\\ 、ヽ、\ヽム. ヽ
     i.イ. ',  ',  ', .';:::`::::l._,ノリ'  ヽ\ミrミ、.\lヽ、  俺は不死身のロンメルだ
     l!.l , .',.  ',. ', l::ヲー ` _    `トl、!:.\ハ
     l .l ', !',  }.、 ',l::l.i  /.,ハ≧、   lY::::::.ハヽ、  死にたい奴は俺様に言え
      .', ', .',.\ハ_ヽ'.i.  /./  .ノ.}   ,イハ'/|ヾリ、     ___ム
       .', ', ` ヽ!、 ` く.〈 /, '  ,イ,リ l从_,》,.ィ´/7'´/ /〃,
       .', ヽ  ヽ:::ト、   ヽ`. '   ,イ//,' / /:ハ ././ ./ ./ 〃.::::',
        ', .ト、 . V:::::> .-----.'///.,' ,.'/ /.:;'  /‐┴'  /'´:::::::::::::',
        \ムヽ、ヽ、ミム、``ミミト、' /〃 /.::;'  ,'.:::::::,' /...::::::::::::::::::i
          ヽミ ト、.ゝミ、ヽ .   ノ‐'// ./.::::i  /.::::::::|/ .:::::::::::::::::; ┴
           ヽ Vl`ー――' l_У.::/ ./.:::::::{ {:::::::::::i!::::::::::::::/´
             i!}    ./.:::::::::/ ./.:::::::::::', l::::::、_,ノ.::::::::;.イ
                      /――' _/.::::::::::::::.', ';::::::::::〃/ハ
                   //´ ̄ ̄ト、::::::::::::::::::リ.:::::::::/.〃  ',
                     /〈::::::::::::::::| 〉::::::::::::::::::::::::/././{   .',
                   ,ハ. V.::::::::::..V.:::::::::::::::::::::::::::::://.::',   i!

472 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:34:33 ID:6je/XpWE0
ムーズ川渡河作戦ではロンメルはまだ暗いうちに第7装甲師団の歩兵をゴムボートで西岸に渡し

明け方までに1個中隊ほどの歩兵を西岸に渡した。工兵たちに戦車を渡らせるための舟橋の建設を急がせた

しかしやがてフランス軍に発見され、西岸の切立った堤防上のフランス軍陣地から激しい銃撃と砲撃に晒され

渡河作戦は停滞した

ロンメルは河川にある民家に火を放って川に煙幕を張り

また戦車や対戦車砲に西岸のフランス軍陣地があると思わしき場所に向けてじゅうたん砲撃を加えるよう命じた

その砲撃支援の下にディナンとその少し北方のレフェ(fr)で渡河作戦を再開させた

ロンメルは工兵たちに叱咤激励しながら自らも川の中に飛び込んで角材やロープを運んで舟橋建設を手伝った

架橋材料を使い果たすとロンメルは同じ第15装甲軍団に属する第5装甲師団から資材を盗んでいる

第7装甲師団は多くの死傷者を出しながらも5月13日中にはレフェに架橋することに成功し、戦車のムーズ川渡河を成功させた

                             _,
              ∠≧=く---‐=彡'
             / ∠≧==ミ ト===ミx――ァ
           / / ´ -―-ミ>==彡' X≦=-
.             〃/ / -――- ミく-=ニ彡'==-
           /// /  -――-==ミY彡' ≧====ァ
         ∧//  /   _  <`ヽヽ=-‐  ≧彡'≧='  もう一番は譲らねえ
         l人{_ /__ -<_ミ 、\}! !==-‐  ≧彡'厶 
         | トミ__</ヽ  \\≧,}: ̄ヽ彡':::::::;x=ミ 第一次世界大戦みたいなことは二度とゴメンだ
          八/ヽ \==ミゞ'_}_,  lヽヽl  |: : .  !:::::/7 / ̄}>= 、
              \ ≧=ミ}   / 〉} ノ  !: : : ./:::// /   /: : : : : \
             ヽへ! '--、_{_ ! |   /ノ--/7// /   /!: : : : /⌒ヽ
                    `ヽ_/     /}_} /:| ∨:.|: : /    }ト、
                          //: |/: :|  {: :.!:./       l::.
                             /{:|: ∧: :.!  !: :∨        !:l }
       _f⌒/_〉、_              ノ:.ヽ: | ヽ:.|  |: : ト、: . |   _,|:.! !
.       〈 .|_人__⌒}              ヽ: : :..|   '!  !: :/ \ | ./: :.':| |
        人}//∧ノ ヽ            /-==ミヽ.  |: :|   ヽ}l/: : :/}/!
.      ヽ∨//∧  人          /     / \.!: ;!    人: /  l '.
        `¨l///∧: '7 \        _/:.   /    }:/   /: :.Y   } ,
          |////}l/  ヽ\       / : : . /     |'  /: : :/{  /:! }
          |////人    }:. \__ _/__  /.       | /:./  ∧/: /:|/ l
          |////!  \   ::. }ヽ `ヽ: :} /        }/:./   _' -}:/  ヽ.l:,
          |////}   `  、ノ::}    |: /       |:./  /: : : :|    ', .| |
          |////|        \ }: :| l/        ノ' ./: : -‐…!  __∨ |
          |////|        ``¨- '        / / ´       ', /:/⌒!|
          |////|                   7´  _ -‐=ニニ=ヘ/:/  {{
          |////|                    〈/  _ -―=ニ}:/   :.
          |////|                       // __     '!  : :. l
          |////|                  }彡'.:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:.:.、}   : ::.|

473 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:37:06 ID:6je/XpWE0
ところがオナイユ近くでロンメルの搭乗するIII号指揮戦車が

対戦車砲を食らって坂から転がり落ちた

ロンメルは何とか脱出したが、顔を負傷した
 
ロンメルは自分の戦車がやられたのは移動しながら攻撃をしなかったためだと考え

改めて師団の各戦車に「敵と遭遇しても停止せずに砲弾を撃ちながら強行突破せよ」と命じた


                     _
                _ - ´  ̄ ̄ヽ  >--- 、
             ノ   /  ̄ > ´ ̄ヽ>=ミ
              / / /   /   ‐=ミYヽ  \
              // / //  // / ‐=ミi  i丶 '.
          〃/ / 〃  l/ / / / 〃 ハ '. ,
           // i /| / |//  / / /  / /  !/!| !ト、
            // /∨∧ |/ / /! i 厶 厶イ /}/'ノ' | i
        /' !/|  / / | 〃 -==≦彡/   // /   ! !
           i| { /!/ /i |! /! /i | 〃 /厶イ// i/i/
             V厶イ//! l /-i/_ハ厶ィ//  /}'/ /!
             i /l ! ! i∧f弋メ、∨// ,ッ' 7 イ/{
           ノノノハ | | ト、 ミ== '' )'/'/==彳 i{ハ やっぱ止まるのはダメだわ
       -‐ニ⌒7'/'ノ川{弋_       i|  /iハ!
     /.:.:.:.:. -=彡'7/{/ 、ヽ      __, ' ,イ_     動き続けんとダメだな
    ./:::::::::::::.   ト、'ヽ! . :ヽ\  ´--=' /  `ト、
    i::::::::::|::::::.   ':::\\-- 、...>--</    /::::::::, お前らも動き続けろ
    |::::i:::::!::::::::,   '::::::\≧====≦彡''    /:::::::::/.
    |';::i:::::!::::::::::.   ':::::::::i     /:::/   /::::/::/ i
    | ヽ::::|:::::::::::::.   ':::::::.`r=ァイ::::::::/    /::::/::/i  |
    ∧ Ⅵ::::::::::::::::.   ':::::::.Y /:::::::/  /:::::::!/ /  .!

474 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:40:11 ID:6je/XpWE0
ロンメルが突出していたので総統命令で突出するなと言われたが

ヒトラーやルントシュテットの命令を無視して進軍を続けた

命令無視は本来は軍法会議にかけられるべきであるが

ヒトラーはロンメルを目覚ましい活躍をした装甲師団長として

英雄化することを考えていたのでロンメルがこの命令無視によって何か処分を受けることはなかった

 
          _      ,...:.:.:.:.彡 ―`´‐-ミ:.:.:.:.:.:.:.\  ___    / /
        / ト ヽ /:.:.:./ ィ ― ― 、 \:.:.:.:.:.:/      }_/ /
         \ ヽ} |//:.:./イ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミx ヽ/ァ∠二二フ_/
.      「 ̄ ヽ \}:.:.:〃:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ-<   ヽ _____
        |r――入7:.:.:.:.:./:.:/:/|:.:.:.:.:.|:.:.:|:.:.:.|:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\  \ __
       > ´/ /:.:.:/:.:ム-ト、 |:.:.l:.:.:|:.:.:|:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.\
      / // /:.|:.:l:.:´Ⅳ V ヽ:.|:.:.:|:.:.:|:.:.:.L:.__:.:.l:.l:.:l:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
.    / //イ:.:.:|:.|:.:l:.:.レ ィ=く  \:|ヽハ:へ{ヽ:.:`:l:.l: /{!.:.:.\:.:.:.:.:.: \
   ヽ/ く//:.:.:.:.|:.|:.:l:.:.:.〈(んtハ   `       V:.l:./   ト:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\
.       /:〃:.:.:.:.:|:.|:.:.:.:. ヘ 之tり      r==ミ:.:.ハ   |:.:.\:.:.:. \:.:.:.:.:.:.ハ
      /:./,:.:.:.:.l .:|:.|:.:.:.:.:.:.:ゝ     〈         l/:.:l;  |:.:.:.:.:.\:.:.:.:ハ:.:.:X:.:}
.     /:./ l:.:.:.:.:l:.:ヽヽ:.:.:.:ヘ    「   7    /:.:.:.}'  |:.:|:.|:.|ヽ:X/:.:}:.ハノ
    {:/  l:.:.l:.:l:.:.:.:ヽ{\ハ:ヽ    ヽ  ノ    /:.:.:.:ノ   ヽ|:.|:ハ ソ}ノ
    {l   ヽ|:.:|:.:.:.:|:.:.:.|:.:.:.:.:.:>  ,、     ィ ´:.:.:/     ≧== 、   しょうがないわね
.         lΝ:.:.: ト:.:.:ト:.:.:.:r、、 _}リヽ‐ ´├ 、:./  /  ̄       〉
          ヽハlヽ{ \|ヽ ヽノ| |    N /{ /:::::l      〈   でもロンメルだもの、きっとしょうがなかったのよ
          / ∨∧    ', ', | L _ | {ハ ヽー― ==   〉
            /   ∨∧     ', ノ .ノ/У ミ| l l ヽ::_l        ∧
         {     ∨∧    } ー く /ミx,|  〉 l  {:::   ̄ ̄ ノ リ
         |    N∨∧  ,/  -= l;;  |  ヽ ヽ  ヽー―- r/ /
         |     ',l∨∧,/   r ノ   |    \ ー‐ ー― ’ノ
.         ノ       l ∨У    |     |   /;/入 ー </
       く        l rУ    ,ノ ',    |  ,/;//  T フ´

475 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:42:40 ID:6je/XpWE0
マジノ線攻略ではロンメルが圧倒的な速度で進軍していった
 
ロンメルは砲兵に激しい砲火を撃たせてマジノ線延長部分の各所に煙幕を張り

フランス軍を攪乱している間に工兵の火炎放射器や爆薬でトーチカを破壊していった

火に照らされる明るい隙間となったその部分に戦車が砲撃しながら前進して強引に突破

マジノ線延長部分がロンメルの師団の攻撃で受けた損害は微々たるものだったが

凄まじい勢いで進軍するロンメルの師団にフランス軍はパニックを起こして、戦わずして次々と投降した

マジノ線延長部分の突破で第7装甲師団が被った損害は戦死者35名、負傷者59名だけだった

戦果はフランス兵捕虜約1万人、戦車約100両、装甲車30両、大砲20門の鹵獲であった


  // / /        / //  //  /:::::::::::::::::/  /:::/  // /:::::::|  |:::::::.   \          i
/ i/ / /   /   /  / //  //  /::::::::::::::::::::/ /::::::/  // /::::::::::|  |::::::::::.、  \         |
  / / /   /}  /  / //i   // /::::::::::::::::::::://:::::::::/   {/ / :::::::::::∨ !´\:::::∨ i:::::∨      リ
ー=彡 /  // i/ i/ //__! 〃イ::::::::::::::::::::://::::::::::::::i i   i /:::::::/  Ⅵ  /::::::::Ⅵ::::::::i       /
  i /  / i/  / /__,x=≠1 /=ミ!\:::::::::::/´:::::}:::::::::::::: i Ⅳ iⅣ:::::/::::〉_ -=≠ミx:::::::リ::::::: !     /
  l./  /  /  / //〈{   i/    `ヽヽ::::::::::::::::::|::::::::::::::::!//\ \:/:/       }〉::/:::::::::::!   / /
  i'  /  /   //:::::::::::i       f心  \:::::::::::::::|::::::::::::::://:::::::::\∨ f心     i:::::::::::::::/    〈
. / i/  /  /i/{:::::::::::::::.       Vリ    }ヽ:::..\!\::::::://:::::::::::::::/\ Vリ     /:::::::::://  /  i
..i /  i/ /{ /小;:::::ト、::::::\        i::::::}\__〉  ̄ `ー=彡イ   \     /:::::::::/ /  /  '. .|
八{  // /∨`ハ::::{ \{ ̄`  __彡':::::/::::::〉 /::.  /\--、 ヽ ___彡' }:::::// /  /  / } }     フランスのクソどもが泣いてやがるぜ・・・・最高だ
 ハ//  /  ∨ ∧:!      -=:::::::::::::::::::::::/ /:::::{    \:::\___     ̄ // /∧ / //
  从 /{     \,∧          `ー― ''"  /:::::::|      \::::::::::::::::/ 、__彡' // / ∨ //
  }/}  /}   /  `ヘ::.               {:::::::::|       \:::::::::{  、_厶イ / /  〈 .レ
// / i//  /\ ヽ∧                i:::i:::::i          ` ー'      / / ∧  ! !
 .{ / //  /   ',  }小.                  ∨:::/                 /{ { /  } } i
  )' //   /    ’ i iハ    イ{         `´              /`  {八 i|   /! ! !
   i/i  /      } .i i ∧   ヽ\         -、   ,-          イ/    / )ハ.// i/リi
    | /       i 从/ ∧    \`ト _              _ ィ //    /    / / /

476 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:47:42 ID:6je/XpWE0
しかしロンメルのせいでダンケルクの奇跡の原因の一つが起きた

ロンメルは自分の戦功を大きく見せかけるためか

アラスの戦いのイギリス軍の戦力を実際の2倍以上の「5個師団・戦車100両」などと報告しているからである
 


ロンメルは6月2日にシャルルヴィレ(fr)に召集され、ヒトラーと面会した

召集されたのは軍司令官や軍団長ばかりであり、師団長クラスで召集されたのはロンメルだけだった

ヒトラーはロンメルに「君が攻撃している間、君が無事かどうかずっと心配だったよ」と述べている

 //7ヽ イ : //:_/_.:/ |: :.:|: : ヽ:.:.. : : : : :.. |. l  :.:.:\<二ニ.┬ ´
/イ /イ`:/: :/:l: :/:./`ヽ l: : :ト: : :.:ヽ:.:.:.. : : :.:.l:.:.:|:.:..   :.:ヽーj ノー 二
` /´: : : /: : l:. l /l:/   \ヽ:.| ヽ: : :.ト 、:.:. : :|ヽ_L:.:.:.:.|:...| ドイ ̄:.:|
  L〉: : : l : : |:. |:| |′    ヽヽ  \:.{  \: :イ´l:|:.:. :.:.|:.:.:!:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l
  |: : : : :! : : |:. :l{   r づミ、、 \   \ /ヽj  }l!:.:. :.:l:.:.:l!.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:l
  {/: : :.:!: : .ハ:. :ト  `;´  `ヽ  ´  {ー'r三cぅ、 |:. :.:/:.:.:ハ:.:l:.:.:.:.:. :.:|:.:.!
 /: /: :.:|: |: :..ヽ:ヽ  ;:       i   ´  `;´` j: : /: : /: }/ハ:.:.:. :.:!:.:.l
./ /: :.:小 :!: :.:.:.:ヽ:\ .j  /⌒ ー--、‐ 、   ;j /://:.イ:.:.:/:.:.:.:.!:.:.: : ト:.:.l
':/!: ::. :.|:ハト: :.:.:.:.:.:ト.ー ;  /         \i  ; ./イ:.:/´:.:|:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.: : | l:.:l   死んだらどうするの!
/ | : :.:.:.l:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.l:.:\ {         j  u/:/:./:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:l|:.:. : l !:.!
! !: : :.:.:|!:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:l´ノ \ー-  ___ノ  .イ:/:./}:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.: :l j:リ   いい加減命令聞きなさいよ!
| ,.ゝ---― 7´: \:.ヽ   ` 、 ‐ _ .. .<_:.:.:./:/:.j:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/ !:.:.:/ //
イ        { : : {  \ヽ      ̄/ ヽ:..:..ヽソ/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/  j:.:/ /´
       ヽ: :\   `\     {   〉:../´ `7:/- :._:.:./  /´

477 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:51:20 ID:6je/XpWE0
その後英仏海峡沿岸での戦いではロンメルの師団は将官12人と1万2000人
シェルブール占領では3万の捕虜を獲得している

西方電撃戦を通じてロンメルの第7装甲師団の戦果は

捕虜9万7000人の他、鹵獲兵器として戦車・装甲車458両、各種砲277門、対戦車砲64門

トラック4000両から5000両、乗用車1500両から2000両、馬車1500両から2000両

バス300両から400両、オートバイ300台から400台がある。また敵航空機を52機撃墜し

うち12機を地上で鹵獲している。師団の進軍スピードが速すぎたため

正確に数えられていないが、鹵獲兵器についてはこの数字よりもっと多かったといわれる

一方で西方電撃戦を通じてロンメルの第7装甲師団が出した損害は、628名の戦死、296名の行方不明、戦車42両の喪失であった

478 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:53:01 ID:6je/XpWE0
西方電撃戦中、ロンメルは何度も命令を無視して独断行動を取った

それらはすべて成功したとはいえ、上官たちからは当然不興を買っていた

           //./   //       /   /        j  ./ l|:  }  ヽ ヽ
           ,′,′  / ∧   /  /      !  / / :l| /   :ト、 '..
.          i  i/    /   / ./   :l    !/イ   |./     j  i
           /ィ   ,'  _ 斗イ    ./ __,斗-‐ァ/       /   |
          / |   {    l {   _,.斗个  _,∠ :} :/     ∧ :iヾ}.
            {   i ',  i_,⊥弍 .| ./  ァ'二抖イ ノイ     ∧ } j
              从 |  ∨| 八___ }/  ⌒        | /   !  \,′  いやぁ他の奴らが遅かっただけですよ
            }  l  ∧|<_抖乂            |./ ./| :| :/ ,′
.             八,ハ  \    }            / ./:代r'゙ ,ハ{    もっと早くないとダメですって
                  '     >   ヽ -      厶イ j j:|  ',.
                   }   \            ___     /j :|:l 个=-
                   ノ价 i 个     , ´ ̄         イ:||:| |
                    圦ハ| ゝ.       ̄    //  | |:l :|
                    从l >..       / :/  .⊥/_:八
                            ≧‐-‐≦ _,. -‐ニ三三ム. \
                         |:r-‐=ニニ三三三ニ斗'¨ ',  >
                          圦三二ニ=+‐ ¨ // ヽ、__>‐ 、
                           /ハハ   //  //  >'゙´    >'⌒ヽ、__
                             / :.  //  /厶<    >'゙´          ̄/ `ヽ

479 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 00:57:20 ID:6je/XpWE0
ちょっと飯休憩で15分くらい休憩します
 
その間にコメントとかあればどぞ

480 :名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 00:59:50 ID:crXliAHo0

ロンメル早過ぎワロタw

481 :名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 01:09:42 ID:.j1ja.jc0
>>445
レス書いて更新ボタン押したら、投下が始まってたw

>>480
あとあとの伏線やね。
ネタバレになるからあんま言わんとこ。

482 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 01:21:46 ID:6je/XpWE0
フランスが降伏してつかの間の休息が訪れた
宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスから映画『西方における勝利』の撮影に協力してほしいと要請された

ロンメルは承諾して1940年8月中に数日を費やしてこの撮影に参加した

その際にロンメルは事実上の映画監督となり

部下やフランス植民地黒人兵たち(捕虜収容所から連れて来られた)に演技指導をしていた

ずいぶん楽しかったらしく、こだわりの演技指導をしていた

1941年1月1日には中将に昇進、2月には映画『西方における勝利』が公開された

この映画の公開によりロンメルは銀幕のスターになった

                         ___
                     ,.-―‐´-二二三ミ`ヽ
                   _,.イ > ァ――_>―=ミ、__`ヽ、
                  // /,. -――>―=ニ二ヽヽ\
              、___/ //  ///,. -ァ――‐- \`ヽ、
            、__`フ__//  ///ヽ. / _,.ィ仁二/ >,ハ
            _>'____二ニ≠/,.イ/_∠_>――// / ,ハ
           `Z二/チV / /////∠/ X、 、_>__ / //ノ、
            ,〃/ j小{////,.イNr≠≪>、―∠二/,.イヽ |}!
        ヽ==刋/ / ////イ /  乂i! O  ヾ斗彡 / /}N | リ
          〃7/ //イ,.イ{/ハ〃      \ _,〃´__フ  / // .//i
          /  レ'イ{ /レ'ヌ乂_{{           `ー≠≦x_彡' ///
            匕レ'´レ' / 〉 ヽ 卞-、._    _ j fゥ ̄>ヽ. /,イ!
         _,.. -‐「∧ハ彳/ ∧    V^ー 、`ヽ イ  ヽ、`メイ彡',〃
       /  、___乂 /イ/  ヽ.   ヽ:::::::::\ ヽ    、_`>//
      / //  ̄ // /^V    ヽ   \::::::< } `ー/,.彳 ´   そうじゃねェよなァ!もっと勇敢で華麗に演技しろ
      ( /二ヽ ̄ ̄`ニ=≧ _  \   `ー<´ _,. イイ{ !
    //{ {ミ:::::}}  、___ ̄ ̄ ̄>‐'  ̄ヽ-=≦三≧ミ、
        八弋_:ソ /\_____二二/   _,.  |´_ ̄    ヽ
_,. -‐ ' ´ /`X /○/ナニニ==/   /, -‐┴-、`ヽ    ∧
       // \_'/ \     X_ ノ 》'       }ヽ     ∧
         _,. -‐`ヽ   〉 _,. ヘ. \=/   〃 ' ´ ヽ_ヽ.    |
ー//-///  ∠ >‐'´ └‐,┐=|   /   ,. '´  Yi   |
   ///   //      / |  ヽ_,イ   /  、,. イ !   /
  ///   //         ,.ヘ     !__,.イ、_ / ./ /  /
/ /  〃/'       /  /  \      Lノ__//_ _,.イ
             /          `ー==彡' ´  /
           /            //    /
                     //     ,.イ
                            / /

483 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 01:29:08 ID:6je/XpWE0
このあとロンメルは北アフリカ戦線に移動となる
 
盟友であるイタリア軍が北アフリカで連合軍にボコボコにされてたのである
 
イタリア人は愛国心が少なかった、自分の出身地などの郷土愛はものすごく
 
本国攻められたときはものすごく抵抗した地方もあったが
 
イタリアから遠い戦場ではいかにラクをするかしか考えてなかったように思われる兵隊たち
 
その他さまざまな要因もあり北アフリカ戦線にドイツは援軍を派遣することにした


    -=≦_,.イ} ≧=-'⌒ヽ=-{{〃⌒ヽ
     〉 r'´_〉 / /、ー-、  r ヽ、\
  ___/ 冫  } { ト、 \  \U-、_〉〉′
. /    ヽ_// ヽ ! \ \  } 八´
|     /  |   :ト、_,ヘ_ト、_メ、  ! \
|   ∠  レク  j_∧_j乂}トrゥ从ト、「 `  第一次世界大戦の時もだがイタリア弱いんだよな
八___/从ト〈〈} 八个‐″ ,ノ 、イ人! ヽ
   \ _j∧_,厶イ人    _,  人   }  
    ≫=ヽ冫  }> 、 _´,.イ     ∧
   〃 /ヽ'   /ハ厂/   _,. <! ∧
   {{ / | : \∧  \_,. イ  ∧ | : : |
    冫 | : : : \\    ヽ{  !  :|\/!
   /!  ! : : : : : >〉   八  |__ノ   |
  /: {___ヽ__/V-'  __ /: :} ̄「: : \/!
  〈: : __/  ゝ--(_,ノ : /: : :ト、 : : : ∧
. /三ニヽ     ∧___/: : :∧ヽ : : ∧ |
/三三三\   /{ ヽ: : : : : : : : : :〉 \/  ハ
|三三三三 \{  \ \ ----/、    /: : }
V三三三 ヽ三ヽ   !\__\/{: : : \_ /: :/〉
. ヽ三三三=!三 |   |: : : // ヽ : : : / ̄ /-、
  |三三三=!三八  \/ : {   \_/ /三三\
  ヽ三三三}三三\__{: : :ヽ    /∠三三三三> 、
  | \三 /ニV_三三三{\: : :\__/三三三三三}三三> 、
  |三≧≦三} `ー- ノニ/`ー―〈三三ニ=― /三三三ニヽ
  |三三三三ハ    r1´三三/ | 「三三ニ /三三三/三}
  /三三三ニ/ニ》    冫ニ /三ニレィ´三三〈三三三/ニ/
. 〈三三三三{彡'    /=/三三=/! |三三/_>―'´ ̄
/三三ミ、/    ∧〈三三三/三!_j三/
ヾ三三彡'       V\\三 //
            \三三Y´
               `ー‐'

484 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 01:31:01 ID:6je/XpWE0
2月にロンメルはリビアに派遣され3月には本格的な反攻を開始し

4月にはベンガジを奪回したうえイギリスのオコンナー将軍を捕虜にする戦果を挙げた
 
 
                 ,. -‐- 、
              ,〃爪ヽヾ::ヽ
              ハ::{::!:::ヽ川トハ
              _{{ノ从:::::::::::斥 リ  こりゃいいぜ、物量の差を戦術でどうにかできる
           ≧ミヾイ>イ,.ル'´=ミ、
           彡'=-≪〈:V/,.ィ≦_::ミ、
           ,.彳イ≪::ヽ〃::r_リ∧ヾ
                |::∧:ヾ ||::〃::r':::∧
           ∧:::ハ:::::}}レ/::::::「ヽ:::::V/
             ヽV:::::/ 〉〃》:j厂|  V::∧
             |:::::::|〈,.ヘ、|レノヽ、!  ヽ::::ヽ 〃
             |:::::::レ'/∧ヽ:≫ヽ.  V:::::〉、
             |:::|::Kヽ/:A==ミ〈   F.彡イ
              〈__j_j'´_」-`ー―、}〃 `ーL/
             { ̄_「:: ̄:7__V::::::::V 〃
             ヽ」]]:::::::::「   V::::::::V
                 |:::::::::|   V:::::∧
             |:::::::::|     V:::::∧
               |:::::::::|       V::::::::ヽ、〃
            /:::::::::/      ヽ、::::∧
              /-―::ニ三ニ――--ヽ:::::∧
      _,.-‐  ̄,  _,. 7 ̄ (_ ̄     ヽ:::::∧
/ |\ < _, ィ7 ̄::::/ _,. -― ̄      ヽ_,.\―-
|   |  \'´__ノ――  ̄ ̄      二二 ―  、
| |   \  {:::::::::〈  / ヽ ,. へ三二―    ―/\ /\

485 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 01:39:15 ID:6je/XpWE0
開始早々北アフリカ戦線でも命令を無視するなどやはりロンメルである
 
進軍するなと言われ、軍部は北アフリカ戦線はイタリアを元気づける程度と考えていたが
 
キレナイカ地方を奪還するなど戦果をあげていた

.             ' ゛゛>、 ´、 '  ,
            /,  ' \ミ、丶 ヽ
          /  /    ヽ 丶  ,
         // l .   | l |ヽ l |   l
         / /ィ l |,L__,| j_Ll | .l l  |
.         ノ| , |l l|ニ'ニ.リ、ニ'|Z || l | . |
.      _, ‐、 |l l!    j     ノレ, |,| |   勝てる時に勝たないでいつ勝つんだ
    /: : : : :l リl |∧   `    ‐'|ハ| リ
   /: : : : :.:.: :.|. ヘ人j\゙ ̄`/ハノ '
   /: : : : : : : : |     l  ^ |
  'l: : : : : l: : : :|  , <¨'' - ''´゙ 、
 /:l: : : : : l.: .:.:.:|<| ∨/////////> ,
./:.:l: : : : /: : : :.:.l//\',//∧///,'/////ヽ
.l: :l: : : :/: : : :|:.: :l./////〈 .〉////////:|
: :.l: : : .':l: : : :.l.: : :l /////∨.//////////|
: /: : ;/ :|:.:.:.: :|: : : |ヘ/////////_,| < ,/|
/.:.:.:::l : :|: : : :.|: : : |////∧///|///|/////|
:__;r::、l: :.|: : .:.::|: : : |:///,∨/////'-iT ‐-‐f
 |::::ノ:.: :|: : .:.:|: : ノ}ゝ////////レ'7l |   .|

486 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 01:42:11 ID:6je/XpWE0
なお色々イタリア軍への愚痴をこぼしていた

ロンメルは「イタリア軍が全く当てにならない。イタリア人はイギリス戦車を極度に恐れている。
      イギリス戦車をみると逃げだしてしまうのだ。まるで1917年の時を見ているようだ。」
     
     「私は師団長からも本当に共同作戦らしい協力を得ていないのだ。
     だから彼らのうち何人かを解任してほしいと要請しているところだ」
   
     と妻への手紙に書いている
 
イタリア兵は20年以上たっても弱かったのである
 
 
                            __, --=ミ_
                           /7/  l//   `=ミ、
                           /  ! !  /       ト、
                          /   { { /          ! ト、
                         〃 // ∧!/l_/    /    }∧}
                      /l/ // / /l /=ミメ!/ !! /! /  |ヽ
                      / | //! //!//l人O _八!|l/_} !'  ! | ハ}
                 -=ミY⌒ノ!/l l'/ //l|{      ノ从olメハ/ハ{/八
                 -=ミ≧-='八 |!l'! !i |!       / `¨/l //|!'
                   -=ミ三ミヽ  `ヽ从ハ ∧  -‐、、    /l !'∧|  こんな事言いたくないけど
                    -=≦三_       /)ニミ`=′ ,イイ}//}|
                  -=彡    --      〈<{ ∧_ イ / !l'/ /!  弱いってレベルじゃねーよ
                〃爻彳/ // ̄`ヽ)、 爻`=}}/77^>ハ|/!//=、
                      /厶ヘ//     ∨ト,))} =〈/く//} ハ|/ ≧ミ 戦車と戦う前に逃げ出すって
                   厶'〈       } ! ∧ |! |ハ}/く ヽ   ミx
                      /∧ヽ   / |l{   Ⅵ |} |!/}メl/}   ≧ミ
                  //  } }  / /∧ヽ  `| |l// }/!ト、  爻
                     /〈   | | / //   、}   ! |! }彳 从爻)'
                  /ヽ丶  | l/ /    }ト、 } l/´  /}
                    / :!::./}l  l/-彡'    || メ/    //
                 /  ∨:}|! / ! !       || { ト  //
              /   ∨_ノ}  | |__    ∨ ! !   {/
                / 厂 ̄ヽ}メ、 |  | 「`ヽ\ 、 Ⅵ | l /l'
              ∨!} 厂 ̄ `ヽ!  ! !  \}__} ∨! | メ、
                 ∨{      ≧x} }-―=  } }  ∨l'/ハ
               ヽ   //==ミ     | !  `メ、_ }!

487 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 01:46:17 ID:6je/XpWE0
イギリスのイタリアへの反攻作戦「バトルアクス作戦」が開始された
 
航空支援もあり圧倒的優勢な英軍だったが、ドイツが峠を必死に守っていたので苦戦した
 
そしてロンメルがいきなり後方に現れ英軍はパニックに陥った

3日間に及んだ英軍の反撃作戦「バトルアクス作戦」は完全なる失敗に終わった

この作戦で英軍戦車は100両以上大破した。対してドイツ軍戦車はわずか12両が大破しただけだった

             / | i ./ l  il  ./ \   \  \
          从人/ { {/ .∧ .|| .∧.   \    ヽ   \从人爻父_
       爻介  ./   | j ./i/∨{/ ∧ /.  ∨ \!   八 j レ'  爻
       爻ヘ   ′  ∨ / .| |,/ ′∨ /  !   |   .∧    ,爻
      爻父  | .ハ ∧∨ .| | ./!  l∨   |    .}   .}  .|    ゞ爻
      艾爻´   !/ ,/ ∨  { : ! ∧|  ! | \|   从 ./   | .::  ..  父
     爻入   |  |  ∨ |Ⅵ人∧. |.:!\ \ .人 } / |∧.| .::: .::. :::. _,爻
    /爻_ -'⌒   |  i ∨.|< tテヘ | .i.:|  < tテ\ i/ /  人     ム爻_  バカがスピードを生かして回り込めば
   / _ムイ      .人 |  Ⅳミ三彡∨,ハ  ミ三彡∨./! / / ヽ.:: .:::. ィ爻\
 / ̄`ヽ爻_       ∧ハ( ∧    ∨ \     /∨ | /./      _,爻___ヽ 多少の物量差などどうというものではない
. { ̄ ̄`ヽ\从.    / | 八 ∧\_ ヽ ノ__// .ハ .∧/     从爻 ̄ ̄`}
...∨    \}ノ! 从    爻:\ j\`ヾ二二二ノ/}.:/ |/ ´ .::: :: .::乂爻 _  .∧
  | ̄` ー─‐//}从  爻入 `!//`> __ ///;|/从    _爻天´ ̄    ./ }

488 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 01:52:39 ID:6je/XpWE0
ベルリンのヒトラーはロンメルの活躍を高く評価した

ヒトラーは1941年7月1日付けでロンメルを装甲大将に昇進させた

一方ロンドンのチャーチルはウェーヴェルの無能を呪った

この頃になるとイタリア兵たちは無能なイタリアの上官の元で戦うより
 
強いロンメルと一緒に戦うほうがいいと考えていた

少しして、イタリア軍兵士の訓練をドイツ軍将校が行う事も許可された

ドイツ軍将校の指導の下

半年もしないうちに異常に低かったイタリア兵の練度が一気に向上して

イタリア兵たちの間に自分たちも北アフリカ戦の勝利に貢献できるという自信が付き始めた
 
 
 びふぉー
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | クマ──!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

あふた~

           l|     ト、
         l |     ヽヽ.
        l |、 -‐lヽ-ヽヽ.
        ,イ 」_  | ヽ._ヽヽ
      / └-...二|  ヽ/.゙l
      l    ,. -ー\,,/. 、  l
     |   /____';_..ン、 |   通常の3倍!
    /、./´<二> , 、<二ン ト!
  / /|  ,----─'  `ー--、.| \
 <-‐''" !/    ( _●_)  ミ   /
  `''‐ ._彡、     |∪|   、`\
     / __   ヽノ   /´>  )
    (___)      /  (_/
      |         /
      |        /
      |   /\  \
      | /    )   )
      ∪    (   \
            \__)

このくらい変わった

489 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 01:59:27 ID:6je/XpWE0
しかし「クルセーダー作戦」で追い込まれることになる
 
ロンメルは挟み撃ちにされてしまった
 
しかしイギリス軍の装甲師団が戦力を分散させた時に対戦車砲で迎撃
 
辛くも勝利する
 
その後も防御だけに徹すれば負けると考えたロンメルは後方に浸透しようとしたが
 
イギリス軍が予想通り動いてくれず撤退を決めた
 
だが北アフリカの枢軸軍に悲壮感はなかった
 
イギリスが単に物量任せに押してきただけだったので戦術では勝っていたと誇れた


                 / / / / / / // / / / /ハ | | ヽ
                ノ / / / / ∠∠ ィ / / / //|l l | | l‘,
                 |/| l | | | ハ,ll |l ハ, / / / イ//イ |l l | | ll |
                 l' | l | |Τ士x|l/ // /ィ士/メ / / / |ノ ll |
                       l从N_〃´t入 ムイ/〃´て入' /ノ   /| ll |
                     Vレゝ ー ´l      ー‐ イ/ // /:::| llノ
                   从|    /       / // /::::::トノ
                    /从   ヽ      ムイ' //:::::::/ノ
                       〃 |人   _ __       |//ll:::::/   態勢を立て直すぞ
                  |l   ヽ      `  _.:´/:::ll::/
                  |l    lヽ     r┴ 、ヽー、:レ     一旦引く
                  |l    | l ┌ ´入\ヽ.\ヽ‘,
                  |l     Иl {三/::::ヽ ソl | .| /
                  |l     _ノl | ̄V::::::::::| l l |’
                    __|rく⌒く      ∨::/ ,/ / /\,、 __
                //,|   |l |\ \ _ _У     / _/    > 、
              //// |   |l ≫ ====/      /    <///// ヽ
                ///// |   |l |///|    l    /  ////////////ハ

490 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 02:06:12 ID:6je/XpWE0
1942年1月5日にはヒトラーから新年の贈り物として戦車55両と装甲車20両の増援を受けた
 
20日には反攻作戦をはじめる、この素早い動きに英軍は不意を突かれ敗走
 
キレナイカ地方東部を再奪還する
 
このあとも寡兵でありながら相手の後方に回りこみ
 
奇襲をしかけるなど砂漠の特性を生かし数々の戦いに勝利

トブルクを再奪還 物資は破壊されることなく残っており

ドイツ軍がまんまと5000トンの物資と2000台の車両を鹵獲できた

ヒトラーはロンメルの戦いに感動し、6月22日付けで彼を元帥に昇進させた

      -‐ァニ二 > ̄        /   /     } \   ヾ く⌒ 丶
    '― _厶-‐______  -‐     /,   イ     /   ト     ミ =-  \
 _x≪/       /  _ -‐  // / /       ハ {  !丶   ト -
7//∠ ‐ァ ´ ̄ //  イ     〃 /' /.:   //  ヽ  ィ   \  \
__/////    /   /' / -- ,x}/ // ′ 〃     ,.イ、 '. ヽ   `トミ \
 ` ∠ __      / 厶イ.:   i レ j厂≧v厶イ/  _,.ィ´斗ミx、ヽ ト、  '.  ー=ミ
   \//≫x/イ{/  /   | ド{ ̄O ` くミト.:v’ ‘彡0´  }小人\\i
\   ヽ////フ / xイ    } | 丶.___彡'       `¬= " '  ト、 '. }
//ヽ   v _彡.:7ィ / |    ハj   ー ";     {      / , | \{
///∧  ∨////ノ  |   i            〉     ∧ i |   }  兵隊がないなら頭を使え
/////\  ∨///}   |l   八   _      ‐ .:′   人 川 |    
//////∧  ∨//{   v /     \ ー -- -‐ フ /ヽ ト、! l     イギリスの背後に周り混乱させろ
///////∧  ∨∧_ / / ―;-ミ   ` ‐- _ ‐' /    ヽ{\{
////////∧  ∨//7 人__ ノ//厶> .  ´  /           ヽ
//////////\ \/////≫ ´     ` ー ´
////////////入 V≫ ´
//////////≫ ´
//////≫ ´
//≫ ´

491 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 02:10:24 ID:6je/XpWE0
ロンメルは史上最年少のドイツ陸軍元帥であった

彼は戦争が始まる前は少将に過ぎなかったが

戦争が始まって3年足らずで中将、大将、上級大将、元帥と

4階級も昇進するという前例のない出世をしていた


連合国ではヒトラーに次いで有名な男とされ
 
彼を尊敬し、賞賛し、彼に恐怖した

そうしていつしか卓越した戦術を持った天才は【砂漠の狐】と呼ばれるようになった

           //./   //       /   /        j  ./ l|:  }  ヽ ヽ
           ,′,′  / ∧   /  /      !  / / :l| /   :ト、 '..
.          i  i/    /   / ./   :l    !/イ   |./     j  i
           /ィ   ,'  _ 斗イ    ./ __,斗-‐ァ/       /   |
          / |   {    l {   _,.斗个  _,∠ :} :/     ∧ :iヾ}.
            {   i ',  i_,⊥弍 .| ./  ァ'二抖イ ノイ     ∧ } j
              从 |  ∨| 八___ }/  ⌒        | /   !  \,′
            }  l  ∧|<_抖乂            |./ ./| :| :/ ,′
.             八,ハ  \    }            / ./:代r'゙ ,ハ{
                  '     >   ヽ -      厶イ j j:|  ',.  元帥にまでなったか・・・・
                   }   \            ___     /j :|:l 个=-
                   ノ价 i 个     , ´ ̄         イ:||:| |    ここまでの出世だと怖いぜ
                    圦ハ| ゝ.       ̄    //  | |:l :|
                    从l >..       / :/  .⊥/_:八
                            ≧‐-‐≦ _,. -‐ニ三三ム. \
                         |:r-‐=ニニ三三三ニ斗'¨ ',  >
                          圦三二ニ=+‐ ¨ // ヽ、__>‐ 、
                           /ハハ   //  //  >'゙´    >'⌒ヽ、__
                             / :.  //  /厶<    >'゙´          ̄/ `ヽ

492 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 02:15:31 ID:6je/XpWE0
ドイツの戦況が悪化した上にロンメルは体調を崩していた
 
物量差もあり戦局は次第に悪くなっていった
 
ロンメルの病気もどんどん悪くなりドイツに一時帰国するはめになる

英軍戦車1000両VS独伊軍戦車300両という決定的な物量差が開いた後連合軍が反攻作戦を行う
 
十分な休養も取れない状態でロンメルは北アフリカ戦線に戻っていった

    |┃三.                ,  {、  ,, -‐ ‐ 、   ,
    |┃                  `-イ≦弋T ̄Zニ二ニニン゙
    |┃.            ,イ , '´ノ    \ ミミ  ̄ミ‐-
    |┃三          {l レ〃 人 ヽ、 `、 ≧=.x、  ミニ=-
 ガラッ.|┃             ,イ リ{{ {  i\ ,ゞ Y ~ミヾ.ヽ、ヽ下ミ、
    |┃        、_ノli〃|'ヾ\{ ヾ ゝミへ\^ Уイハミヾilヾヽ,
    |┃三          リノ/l  `ィ辷=≦ジ,i∠=弌 、il ヾl
    |┃         〃l|/{ { ヘミ=f^~~゙ソ ̄ jzセヨ゙メハi}ミ入_ └
    |┃三       {l リ{ {i ゞミ辷ュ-     、 `¨´ iソ人从二ァ
    |┃          ((-ト{ゞ-ェ< `    '    リ iハ{ゝ-}'´
    |┃          ゞ=ミi{'=ュ_   -= - _  /八 ゝ,   敵は休む暇も与えてくれんのか
    |┃三             リ入ミ\     '''   /从ゞ_リ)
    |┃         _, -‐==ノソ、_Y}}ヾ、  , _ ∠ソく } | ´
    |┃-‐‐ニニニ ̄ ~'' ー<   ,ハ与=,,_     〃ー{- )リ
    |┃               l} \ ´'' ,,Y{{`ー}ァ
    |┃                リ i.i\   胤  ′
    |┃      \        /  l i  \,/'^ヾェ、
    |┃     ̄ ̄`\\      / l   \__l}  \
    |┃        \ ヽ,   / リ       i ∧. ヾ\
    |┃         |i  i.  / '/      :l ∧.  Yハ
    |┃三          |li  f´ミく       :l  ∧  |} }

493 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 02:19:27 ID:6je/XpWE0
もう物量差は限界を超えていた

ドイツ軍の防衛線も

アメリカ製の高価な砲弾を無数に撃ちまくってるイギリス軍に圧倒される

もはや成す術なしと判断したロンメルは、ヒトラーにエル・アラメイン戦線から大幅に撤退することの許可を求めた

だがそれに対するヒトラーの返答は死守命令であった。この死守命令にロンメルは絶望して憔悴してしまった。

その間も独伊軍は大打撃を受け続けた

なおバルバロッサにおける指示もこの時ほとんど死守命令である
 
第三帝国の命脈は尽きようとしていた

  /              / ∧  |    !   /  |  |i | i  /   l\丶
. /  ∧  /      l/ / ', {-- _l  /  /i  |i | | ∧   ,  ',i
/  / ∧  i       / /   ∧ ',   /\/  //|i  八 i | ! }  l/  ! !
  / / ', {       / /   /  \',/ / /ヽ | ∧ i l/ i ,  ,′  | |
.  ! / /∧ ',    / /   /  / /厶イ_厶イ_}_ ゙| / l// } !  i/     ! !            、、 、 、
. ! i/ 〃 ∧!   | ,  i,  { l//  ヘ{´   ヾ!i/  ∨ / / l、 !    ノノ      悪りィが、こっから先は一方通行だ
..∨ /  / ヽ    i  \ ! 、 ∨'   ヽ\ {l} 〉   ∨ ///∧', /´       侵入は禁止ってなァ!
 i / l/     !     `ト、 \\       `ー     ∨//'  ヽ
 ∨ /     /|   \  '   丶\            /`ー   __
  ! /  / //|     !\',    ` ー                j
  ! /   / / 7j     i  丶                    _ /
. i/ // ∧// ∧   ',                           /
. ∧ j∧  〈 ! /-ヘ   ’           /          ヽ
 __|/ i\ l /--ヘ\ \           〈「テこ二ニ=-- 、__ ノ
  !   |  `ノ'、    _ \ \         ∨::::::::::::::::::::::フ' /                _ ...-―
  ∧   |    ¬―‐=ヘ ` 丶           }' ̄ ̄`ヽ::::/ /           ___/.:.:.:.:/
 ,’ i  ',   / /     丶          /      _V-――  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.:.:.:/.:.:.:.:.:./
 |  ',   ', / / _  --―ァ―――ァ…===ニ二 ̄             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /
 |  、  _∨斗´.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/                    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:
 i  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./                    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   /.:.:.:.:.:.:.:

494 :名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 02:22:25 ID:P24rjPBc0
物量の差はどうしようもない

495 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 02:25:14 ID:6je/XpWE0
そしてヴィシーフランスが寝返った、アフリカでは2正面作戦をせまられ
 
撤退以外することができなくなってしまった
 
ヒトラーと直接に会見を決意したロンメルはただちにトリポリタニアからの撤退許可を求めたが

これに対してヒトラーはヒステリックに怒声をあげて却下し、ロンメルを罵った
 
ヒトラーから愛されていたロンメルは初めて罵倒されヒトラーへの評価を変えることとなる

リビアに戻ったロンメルは総統命令を無視して部隊の撤退を続けさせた

1日21キロのスピードで撤退を行う強行軍である、イギリスも追撃は不可能だった


          _, -‐、, ‐ 、
.          // /   } ヽ ヽ
         //!  {    }  } il :.
.         jィ lハ、 ヽ   i} / ! }ハ
.          jイ}Y  、  ノ { ハ{ }
            {i}_}l ヽ}   , } !/
          j从} i,ノ | / }{ {'   死んでたまるか
            }}リ|ィl { | i ,/}}、!
.        _ {{__}从{ }ハ{、ノ `    こんなところで死んでたまるか!
         /マニt、ー=V=={ニゝ、
.        /ヽ `^マ=t、      \_
..     ,′ } }   `マ三三三三ニニ>、
      ,ム  ,}′    `¨¨¨¨¨¨´ _ ..ィ
..    ハ:ム /ニ=t、        ヽ/     }
.     ′゙マ{`^マニ三ニ==ニニ三}、   {
...   }ム  {t、   `マ三三ニニ='''´ハ
.     }マム.}}三ニ=t、          ,′',
   ,′`y.{ `マ三ニ=xi__..ィニニ/
.  /   /./   `マ三/三ニニ/
  /  ,' }=t、    `,‐ ´  , ′
.../  / ノ三ム   /  _..ィ}
.   / /^`マニニム{_.ィチニニ{
.    /    `マ三}三ク'´ ヽ
.    ,'ム、     `ヾiク´   ,}

496 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 02:28:30 ID:6je/XpWE0
彼の体調も限界だった
 
ドイツに帰国し療養を始めた
 
健康がある程度回復後「大西洋の壁」を視察し

この宣伝が本当に宣伝だけであった現実を見て愕然とする
 
この日から連合軍の欧州上陸阻止に全力をつくすことを決めた


               _,. -―――/⌒ヽ
               //    //  / ̄`ヽ
             // / /// | /_,.'二二 \
 __ト、ト、 ト、    〃// / / //  / // ̄_>ヽ
_>―ミ、\\ヾヽV乂ノ /  レ' ./// //_二彡ハ
Z ̄ ̄`ヾ  \  \\<   トV // イ// //,.イ 「全部話せ。洗いざらいだ」
三二          ヾト、\∧{/,イ ! .乂,ィ千イ / |
∠二 _三二≧ミ、     V〃// ∧/ {r⊥//∧!
≧彳「\_,.. ――/三ミ、   彡' / // _   r'イ
 彡' ̄\\ //l 「   {   ミ/イ / {┴ 'T′i!
  \   / /  | |  〃从 `ミ >‐'´ / / | /||
    V 〃    /// / 仆7´7 /!ハ{ ノ/ ヽ
  /   ||   / ̄_/i!  从ミ、/  {{ 〃
/   | }} / ̄    》 /∧ミ
     |〃イV/    // /{{り
 ヽ__〉  /∧   // /
、   ヽ // ヽ  《 /
ハ    V      V
 !    ヽ   \ !
 ヽ、    }ヽ    || ヽ
ヽ_」_  〃  }}\,.リ ノ
 トト「 ̄《  〃≪ ̄`ヽ
 | \_≫'=ミ、   ∧
 |    ||     \\ ∧
 |  __》      \ ∧
 | __二≧_____{ 》
 Y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二二]ト、!
 ヽ. ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄\\ ∧
   `┼         \\ \
     V二>、     \\ \
     |こ二フ \    \\ \

497 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 02:34:00 ID:6je/XpWE0
ロンメルはもし連合軍が攻撃を仕掛けてきた場合は上陸時に水際で迎撃する事を主張

ルントシュテットと意見を対立させる
 
ロンメルは自分でデザインしたロンメルのアスパラガスを

空挺部隊の落下が予想される地域に設置したり

地雷を山ほど埋設して連合軍の上陸に備えたが6月の時点ではまだまだ十分ではないと考えていた

D-Dayこと1944年6月6日、連合軍のノルマンディー上陸作戦が敢行される

不覚にもロンメルは妻の誕生日を祝うためにベルリンで休暇を取っていた


         ┌―---―==- _   __
         iニrー-=ニニニニニニニヽ
         |ニ!   `{ニニニニニニニ\
         iニ'ー 、 ./ニニニニニニニニ>、
         f廾介' ムニニニニイイ/イ//!><=ヽ 毎回タイミング悪いんだよ!
             ムニニニ/ノハ{{イイソ'   Vハ
            ムニニニ/    从/ '    Vi!  ふざけんじゃねえ!
           ムニニニ{           }ハ
          /`ー===ニそ          ,ー'ニ\
          /ニ><ニニニ> _        介廾>
      ./> ´    ` <ニニ>  _
      .//           `  <ニヌヽ
   //                7ニ/
  /ニ/                    /ニ/
 /`ー'ヽ                iニ/
 `¨¨¨¨´                  |ニi
                          |ニ〉,,-、
                    こ二>'

498 :名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 02:35:27 ID:P24rjPBc0
連合軍はロンメルの妻に救われたな!

499 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 02:39:06 ID:6je/XpWE0
1944年7月17日 イギリスのスピットファイアの機銃掃射で頭部に重傷を負った
 
20日にヒトラー暗殺未遂事件が発生、ロンメルも関与を疑われる
 
ヴィルヘルム・ブルクドルフ中将とエルンスト・マイゼル少将はロンメルに

「反逆罪で裁判を受けるか名誉を守って自殺するか」の選択を迫った

裁判を受けても死刑は免れず粛清によって家族の身も危うくなることを恐れたロンメルは

「私は軍人であり、最高司令官の命令に従う」
と言い、暗殺事件への関与に関して一切弁明せずに服毒自殺を遂げた

その自宅周囲には抵抗に備えて、SS部隊が配置されていたという

圧倒的な戦功で知られたロンメルの死は「戦傷によるもの」として発表され、祖国の英雄としてウルムで盛大な国葬が営まれた



                         ___
                     ,.-―‐´-二二三ミ`ヽ
                   _,.イ > ァ――_>―=ミ、__`ヽ、
                  // /,. -――>―=ニ二ヽヽ\
              、___/ //  ///,. -ァ――‐- \`ヽ、
            、__`フ__//  ///ヽ. / _,.ィ仁二/ >,ハ
            _>'____二ニ≠/,.イ/_∠_>――// / ,ハ
           `Z二/チV / /////∠/ X、 、_>__ / //ノ、
            ,〃/ j小{////,.イNr≠≪>、―∠二/,.イヽ |}!
        ヽ==刋/ / ////イ /  乂i! O  ヾ斗彡 / /}N | リ
          〃7/ //イ,.イ{/ハ〃      \ _,〃´__フ  / // .//i
          /  レ'イ{ /レ'ヌ乂_{{           `ー≠≦x_彡' ///
            匕レ'´レ' / 〉 ヽ 卞-、._    _ j fゥ ̄>ヽ. /,イ!
         _,.. -‐「∧ハ彳/ ∧    V^ー 、`ヽ イ  ヽ、`メイ彡',〃
       /  、___乂 /イ/  ヽ.   ヽ:::::::::\ ヽ    、_`>//   俺の家族には指一本触れるな!
      / //  ̄ // /^V    ヽ   \::::::< } `ー/,.彳 ´
      ( /二ヽ ̄ ̄`ニ=≧ _  \   `ー<´ _,. イイ{ !       お前らの望むとおりに死んでやるよ!
    //{ {ミ:::::}}  、___ ̄ ̄ ̄>‐'  ̄ヽ-=≦三≧ミ、
        八弋_:ソ /\_____二二/   _,.  |´_ ̄    ヽ       チャーチルの糞野郎が泣いて喜ぶだろよ
_,. -‐ ' ´ /`X /○/ナニニ==/   /, -‐┴-、`ヽ    ∧
       // \_'/ \     X_ ノ 》'       }ヽ     ∧      あばよ!!
         _,. -‐`ヽ   〉 _,. ヘ. \=/   〃 ' ´ ヽ_ヽ.    |
ー//-///  ∠ >‐'´ └‐,┐=|   /   ,. '´  Yi   |
   ///   //      / |  ヽ_,イ   /  、,. イ !   /
  ///   //         ,.ヘ     !__,.イ、_ / ./ /  /
/ /  〃/'       /  /  \      Lノ__//_ _,.イ
             /          `ー==彡' ´  /
           /            //    /
                     //     ,.イ
                            / /

500 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 02:43:56 ID:6je/XpWE0
1944年10月14日(満52歳)ロンメル自殺
 
英首相チャーチルに「ナポレオン以来の戦術家」とまで評された。中産階級出身者初の陸軍元帥でもある。

卓越した手腕を持ち寡兵でありながら連合軍を度々敗走させた【砂漠の狐】
 
そして史上最年少の陸軍元帥となり連合軍から恐怖されたが
 
非常に紳士であり捕虜の身柄は丁寧に扱ったこともあり敵から評価される数少ないドイツの将軍であったロンメルの人生はここで終わった

501 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 02:44:30 ID:6je/XpWE0
ちょうど500なんでここにて終了ってことで!

502 :名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 02:50:21 ID:P24rjPBc0

なんかやるせなく相応しくない終り方だな

503 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/26(金) 02:54:13 ID:6je/XpWE0
一応砂漠であった真夏の夜の夢作戦とかも紹介しようかと思ったんですが
淫夢厨湧きそうだし、俺自身淫夢厨なんでスレが壊れちゃうかと思いやめときました

504 :名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 07:14:14 ID:V2KXHmD.0
乙ーん

505 :名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 08:48:40 ID:H3a9Pi8M0
そっかー
女神転生に出てた人とは何も関係なかったんだー




506 :名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 12:18:07 ID:/rCbhwSc0

機動力の使い方が凄いな、ハンニバルみたいだ

507 :名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 16:46:34 ID:CHb/J2Lo0


>>505
実在のも、ロンメル・ザ・ヒーロー並みにフリーダムだったなあ。最期はちとミソがついたが。
まあナポレオンもそんな感じだし。

508 :名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 06:58:42 ID:H/F8iURU0
>一方で西方電撃戦を通じてロンメルの第7装甲師団が出した損害は、628名の戦死、296名の行方不明、戦車42両の喪失であった


行方不明って要は置いていかれてしまった人たちですよねぇ……

509 :名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 07:55:08 ID:IVEObUDI0
大きい声では言いたくない脱走兵とか

510 :名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 09:34:03 ID:7fKJlopg0
イングロリアスバスターズで、優秀な兵士の活躍をナチスが映画に・・・・

このエピソードってロンメル以外にもいたの?
皆さんおしえて!

511 :名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 13:47:34 ID:jPwb2heE0
>>508-509
砲撃で木っ端微塵とかもあるんじゃないかな?

512 :名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 17:52:59 ID:7TSSJCvg0
そういえばアイアンスカイ見てきたんだけど、敵が大日本帝国だったら、
やっぱりボスは辻ーんなのかねぇ。ニンジャとかでてきて。

…まあ、そのまんま海底軍艦だって話だけど。

513 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/27(土) 18:00:54 ID:/jnOMiok0
>>512
日本の空母から大量のニンジャが真珠湾に奇襲してきたんじゃないでしょうかね

514 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/28(日) 03:41:03 ID:ZUXv.WI.0
なんかリクエストありますかね
 
なかったら適当に紹介することにします

515 :名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 06:39:53 ID:wtpdiDqQ0
チャーチルについてお願いします

本人がやりたいのあったら優先してください

516 :名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 09:30:28 ID:6O0L0Uqo0
ボーア戦争での活躍っぷりをおねがい!

517 :名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 10:03:41 ID:ze8YAhFQ0
イタリア軍の実際の戦争のやりかたについて
砂漠でパスタの真偽とか。

518 :名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 12:37:52 ID:jPxclw4g0
イタリア軍でがんばった、メッセ将軍をリクエストします

519 :名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 13:38:04 ID:m9ZiKo3Q0
ロシアのジューコフ将軍とかどうだろう?

520 :名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 14:52:52 ID:dED7wosc0
チャーチルの葉巻についてもお願いします。

521 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/28(日) 17:54:48 ID:ZUXv.WI.0
>>517
戦場でパスタは茹でてませんよ
 
たしか茹でなくても食べれるパスタを食べていたはず
噂によると砂漠だと飯がまずいということで逃亡した兵もいるそうな・・・・

522 :名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 20:19:42 ID:NH5P5E7I0
米を炊いて喰う日本人は、あまりパスタ話を馬鹿にできんのではないかなぁ。

523 : ◆G44lUgh2Zk:2012/10/28(日) 23:00:03 ID:ZUXv.WI.0
>>522
パン食わずにわざわざ米炊いて
飯盒の煙で米軍に襲撃された日本軍の話は・・・

524 :名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 23:31:54 ID:Gf1pOnUI0
そもそも脚気云々で玄米もちゃんと支給してたのに海に捨ててたなんて話もあるし……
しかも戦後に米騒動……

525 :名無しのやる夫だお:2012/10/29(月) 00:17:38 ID:jZwTh39o0
戦場でカレー作って、上官に「匂いでこちらの位置が知られるだろうが!」と斬られかかった兵隊さんも

526 :名無しのやる夫だお:2012/10/29(月) 17:03:56 ID:nO1.zoqU0
匂いで敵に気付かれて逃げられた話もあるな。

あと、開けた補給食料物資がカレー粉ばかりで切れた炊事兵の話とか。

527 :名無しのやる夫だお:2012/10/29(月) 21:04:10 ID:jEHIZcnc0
パットン将軍なんてどうでしょう?

528 :名無しのやる夫だお:2012/10/29(月) 21:42:30 ID:IEGYJa6Q0
パットンさんww1で死んでてもおかしくなかったんだよねぇ...

529 :名無しのやる夫だお:2012/10/30(火) 00:13:23 ID:cPT.336o0
でもカレーかければとりあえずは食えるんで重宝もされたんだよな
そう聞いた

530 :名無しのやる夫だお:2012/10/30(火) 16:56:35 ID:.MbAjJqU0
ロンメルが出てきたからモンティお願いしたいところです。

この人も結構毀誉褒貶激しいようですしw

531 :名無しのやる夫だお:2012/10/30(火) 19:59:05 ID:tF9koBBs0
レイシストさん、wktk

532 :名無しのやる夫だお:2012/10/30(火) 20:00:44 ID:tF9koBBs0
レイシストさんwktk

533 :名無しのやる夫だお:2012/11/01(木) 17:46:58 ID:PZqixrSc0
ソ連人民最大の敵は?
既にスレがあったかな。

534 :名無しのやる夫だお:2012/11/01(木) 18:47:01 ID:tp/cEVFU0
つhttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1311070563.html

535 : ◆G44lUgh2Zk:2012/11/02(金) 03:46:13 ID:54u7sQXU0
夜勤連続がひどすぎる・・・・・というわけで明日の昼間か夕方に投下します

536 :名無しのやる夫だお:2012/11/02(金) 07:02:52 ID:nXuH65Qk0
把握

537 :名無しのやる夫だお:2012/11/02(金) 07:45:01 ID:gou.L3Ns0
>>533
そういえばソ連人民最大の敵はマルクスってジョークがあったな

538 :名無しのやる夫だお:2012/11/02(金) 09:05:36 ID:N6Mc4UUw0
ところで、語り手のはずのやる夫&やらない夫はどこへ行ったんだww

パットン対ロンメル―軍神の戦場パットン対ロンメル―軍神の戦場
デニス ショウォルター Dennis Showalter

原書房 2007-06
売り上げランキング : 152159

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
本の内容ただ転載してるだけじゃないか…
2013/08/08(木) 00:16:46 | URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.